アジア・オセアニア・英語圏グループの会議

2017年2月14日、インドのムンバイでアジア・オセアニア・英語圏グループの会議が始まり、インド、フィリピン、韓国、日本、アメリカ合衆国の六か国が参加しています。日本からは鈴木信一管区長、徳田隆仁修道士(サンパウロ総主事)、大山聖一修道士(主事)が参加しています。また副総長のセルソ神父も参加し、総長の手紙が朗読されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  2. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  3. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  4. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  5. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…

ピックアップ記事

  1. 2017年2月7日(火)、ユスト高山右近が列福されることになりました。この列福のためには、70年以上…
  2. 今日は土曜日でベトナム語の学校もお休みということで、サイゴン市内の二つの教会を訪問してみました。…
  3. 2017年11月3日(金・祝)、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして池田敏雄神父(聖パウロ修道会)の…
  4. 2018年1月8日~10日、イタリアのアリッチャにある黙想の家で、パウロ家族の総統治会議が行われ、パ…
  5. 聖パウロ協力者会九州地方区「きずな」(No.71)と、第12回聖パウロ協力者会全国大会レポートが、聖…
PAGE TOP
Translate »