美しいものを信じて 兄弟を通して神様のもとへ

人はだれでも
心の奥底で
「美しいものを信じて」生きていきたいと
願ってはいないだろうか。

その願いが出会うとき・・・
私たちは神様の想いとひとつになっていく。

人々との関わりの中で、聖書を具体的に生きようとした人びとの日常生活体験が、フォコラーレ月刊誌『UNO』でたびたび紹介されてきました。本書は、そのような福音的愛の体験を一冊の本にまとめたものです。

編集・監修:フォコラーレ
判型:B6変形(115×175)
ページ数:168ページ
ISBN:978-4-8056-0811-1
発行:サンパウロ
※2017年2月27日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 私がいる修道院の近くに、幼稚園があります。朝、子どもたちは、お母さんやお父さんに連れられて幼稚園に行…
  2. 2018年3月19日(月)、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして、山口輝男神父の叙階50周年、七…
  3. 教会の祭日・祝日の制定された経緯とそれぞれの祭日・祝日の目的や意味について教えてください。カトリ…
  4. 神様は、様々な形で私たちをお招きになります。「どうしたら、聖パウロ修道会の神父・修道士になれるの…
  5. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
PAGE TOP
Translate »