メキシコでの終生誓願

2017年1月22日、メキシコ市内の修道院でエゼキエル・ロドリゲス・マキシミリアーノ神学生が終生誓願を宣立しました。また1月28日には、ホセ・アントニオ・エルナンデス・ピミエンタ神学生が終生誓願を宣立しました。司式はメキシコ管区の管区長ファウスティーノ神父。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 繋がって生きたい私たちの願望。だがその一方で、自らの幸せを優先する衝動にかられ、排除…
  2. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  3. ミサの祭儀中に使用される式文とその解説をする。また祭儀における姿勢、聖歌、季節ごとにかわる祭…
  4. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  5. 2018年4月25日、イタリアのヴィチェンツァでパウロ家族の集いが行われ、総長ヴァルディル・ジュセ・…
PAGE TOP
Translate »