闇から光へ 年間第3主日(マタイ4・12~23)

「一極集中」という言葉があります。大都市に人々が集まっていく現象を形容したりします。日本だと東京や大阪に集中したり、中国ではペキンやシャンハイに、フィリピンだとマニラに、イギリスだとロンドンに、アイルランドだとダブリンに、という具合です。

イエスの時代ではどうだったのでしょうか。多くの人々はエルサレムに集まり、生活する上でもとても便利だったことでしょう。ガリラヤは自然に恵まれ、人々も互いに協力し合うような雰囲気があったとしても、閑散としていました。多くの人々はガリラヤのことについて、「異邦人のガリラヤ」「暗闇に住む民」「死の陰の地に住む者」と表現しています。これらのことからも、当時の人々にとって、ガリラヤのイメージはとても暗く、人々が喜んで住むような場所ではなかったでしょう。

人々から見捨てられ、「暗闇」と形容された地で、また生活するにも不便な場所からイエスは宣教活動を開始します。一般常識を覆す出来事ではないでしょうか。宣教にあたり、イエスは「悔い改めよ。天の国は近づいた」と語ります。他の人に伝えるために、まず自分自身の回心を語ります。他人の回心を求めがちですが、まずは自分自身から…。それが闇から光への転換です。

パウロもダマスコ途上で回心します。それまではキリスト者たちを迫害する者でした。ダマスコ途上で光を受け、その後「サウロは地面から起き上がって、目を開けたが、何も見えなかった」(使徒9・8)と記されています。「サウロは三日間、目が見えず、食べも飲みもしなかった」と。パウロにとってこの時期は、まさに闇の世界にいたのではないでしょうか。やがてアナニアが「サウロの上に手を置き」(使徒9・17)、目が見えるようになり、元気を取り戻します。闇から光へ移った時でした。私たちにも暗闇の体験があるでしょう。でもいつかは光が差すことに希望を置きたいものです。

あなたにオススメ