ユダヤ人の王 主の公現(マタ2・1~12)

イエスが誕生した時、東方の博士たちは「お生まれになったユダヤ人の王は、どこにおられますか」(マタ2・2)と尋ねます。この問いに対して、ユダヤ人やヘロデ王はどんな反応を示したでしょうか。ユダヤ人の立場で考えてみると、救い主の誕生について、神に選ばれた民である自分たちではなく、異邦人の博士たちがどうして知っているのだろうかと、不思議に思う反応があるでしょう。本来なら、長い間救い主を待ちわびているユダヤ人たちこそが、知る使命を持っていると…。またユダヤのヘロデ王の立場で考えてみると、「ユダヤ人の王」と博士たちから言われて、ヘロデ王はとても複雑な気持ちに駆られるとともに、自分が王の立場にあるのに、どうして彼らが幼子イエスについて「ユダヤ人の王」というのだろうかと…。ヘロデ王にとって、「ユダヤ人の王」は、政治的、支配的な王の姿を考えていたので、自分の地位が危うくなるのではと考えたことでしょう。イエスの到来は、ヘロデにとって不安の材料を提供することになります。

一方、東方の博士たちはイエスのもとを訪れ、黄金、乳香、没薬をささげます。これらのものはどんな意味を持っているのでしょうか。黄金はイエスの王権。シバの地方は黄金の産地として知られ、シバの人々はこれを携えて、神を崇めたと言われます。乳香はイエスの神性。これはバビロンではぜいたくな輸入品の一つで、とても高価なものでした。香料として、最高級品ともいえます。没薬はイエスの受難。これは死体の防腐剤として使用され、埋葬の際には貴重なものでした。このように、あり余るものではなく、自分たちにとって高価な、しかもその時代では最高級品と言われるものを幼子イエスにささげていきました。異邦人でありながらも…。

自分の地位が奪われるのではないかと動揺し、自分の地位にしがみついているヘロデ王とは対照的に、博士たちは所有物にしがみつくのではなく、最高のものを幼子イエスにささげていくところに、ヘロデ王と博士たちとの大きな違いが見えてきます。

関連記事一覧