心に留める 神の母聖マリア(ルカ2・16~21)

私たちの生活の中で、具体的に活動する時もあれば、これからの活動のために話し合いの場を設けたり、あるいは心の中で思い巡らしたりする時があります。

今日のみことばにおいて、羊飼いたちとマリアの姿勢はとても対照的です。羊飼いたちは「さあ、ベツレヘムへ行って、主が知らせてくださったその出来事を見て来よう」とか、「羊飼いたちは、このみどり子について自分たちに告げられたことを人々に知らせた」とあるように、誕生したイエスをこの目で見に行きたい気持ち、さらには自分たちに告げられたことを、一日でも早く多くの人々に知らせたいという熱い気持ちに満ち溢れ、羊飼いたちの積極的な活動が目に浮かんできます。それに対してマリアは「これらのことをことごとく心に留めて、思いめぐらしていた」とあるように、自分の中に起こった出来事について、多くの人々に知らせるどころか、自分の心の中に留めていき、沈黙を守ろうとします。羊飼いたちの態度とは正反対です。イエス誕生という大きな喜びをマリアはいただいたのに、沈黙を守るのは私たちの目にはとても不思議に感じます。

聖ベネディクト(480年~547年)の言葉の中に「祈りかつ働け」というのがあります。彼は数年間、洞窟の中で隠遁生活を送った後、イタリアのスビアコで修道院を設立しました。やがてモンテ・カッシーノへ移り、共同の修道生活を送る形態を築いていきます。修道生活の基本には、この「祈りかつ働け」が根付いています。祈りをベースにしながら、活動にいそしんでいく。現代でもこうした生活は受け継がれています。

羊飼いたちの行動には活動的なものがよく見えてきます。それに対してマリアの行動を見て行くと、活動だけでなく、「思いめぐらす」中に祈りのような、また観想的な姿勢を見い出すことができます。羊飼いたちのような具体的な活動も大事ですが、マリアのような観想的なものも、こういう機会に振り返ってみたいものです。

あなたにオススメ