キリストとの出会い 主の降誕(ルカ2・1~14)

主の降誕の朗読箇所では、いつもキリストの誕生の方に目を向けていきますが、今回はちょっと視点を変えて、イエスを最初に訪問した羊飼いたちに目を向けてみることにしましょう。

羊飼いたちはベツレヘムで野宿をしていました。彼らは羊と移動しながら生活をしていた貧しい人々です。今日はベツレヘムかもしれませんが、明日はまた別の場所に移動したことでしょう。一定の住居、一定の収入がある訳ではないので、彼らには不安定な毎日が続いたことでしょう。彼らは生きる厳しさをよく知っているし、羊のために牧草を求めて的確な判断(移動)が求められました。しかし、羊を育てる喜びは人一倍持っていたことでしょう。羊と生活をともにすることによって、羊たちの成長を目にし、生きる喜びを感じたことでしょう。そんな彼らに主の栄光が現れます。「わたしは、すべての民に及ぶ大きな喜びのおとずれをあなたがたに告げる。きょう、ダビデの町に、あなたがたのために、救い主がお生まれになった」(ルカ2・10~11)。天使のこの言葉は、羊飼いにとって大きな驚きとともに、やがては大きな喜びへと変わっていきました。

救い主の到来の喜びが、偉大な学者たちではなく、ファリサイ派や律法学者でもなく、素朴で、生活のあてもない羊飼いにその喜びが伝えられることになりました。そんな羊飼いたちがキリストに出会う機会をいただきます。神様のなさりかたはとても不思議に感じます。

私たちはミサやみことばを通してキリストに出会うことができます。羊飼いのような謙虚さであれば、その出会いは容易なものとなります。今日一日、キリストとの出会いを求めてみましょう。

あなたにオススメ