宣教の心得 待降節第2主日(マタイ3・1~12)

私たちは宣教活動をどのように考えるでしょうか。例えば、宣教活動をするのに最も効果的な場所はどこだろうか、宣教地にはどんな人たちがどれくらい住んでいるのだろうか、宣教する町にはどんな歴史があるのだろうか、宣教地の人々は私たちをほんとうに受け入れてくれる気持ちがあるのだろうか、など。私たちは宣教活動のために、具体的で実践的なことを先に考えがちですが、洗礼者ヨハネやイエスの場合はちょっと違います。

洗礼者ヨハネが宣教活動を開始するのはユダヤの荒れ野、イエスが宣教活動を開始するのはガリラヤです。エルサレムのような人が多い場所や効果的な場所、また歴史が古い場所ではありません。また洗礼者ヨハネも「悔い改めよ」という言葉から始めています。最初から神の言葉を語り伝えるのではなく、私たち自身の回心を促し、その後で宣教活動へと移っていきます。

洗礼者ヨハネに限らず、イエスもガリラヤで宣教活動を始めるにあたって、「悔い改めよ。天の国は近づいた」(マタ4・17)と語っていきます。その後、4人の漁師たちが弟子に選ばれ、ガリラヤを回り、諸会堂で教え、福音を宣べ伝えています。こうした順序を考えてみると、イエスは最初から福音宣教というよりも、私たち自身の回心を求めることから始めているのではないでしょうか。

私たちの宣教活動も、最初から具体的な宣教地に目を向けるのではなく、まず自分自身の心を振り返り、自分を深く見つめ、回心することから始まるのでしょう。その後に宣教活動のため自分にどんなことができるか、どういう方法が一番よいか、具体的な活動は何か…。私たち自身の回心をベースにして、私たちの宣教活動を考えてみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 2017年7月23日、ドイツのノーリンベルグでパウロ家族の集いが行われました。2014年に創立100…
  2. 【懐かし写真館】今日は聖パウロ女子修道会と師イエズス修道女会の来日(1948年〜1950年)をご紹…
  3. 毎年9月最後の日曜日は、「世界難民移住移動者の日」となっています。シリアをはじめ、世界の各地で、難民…
  4. 知人との【再会】は、とても喜ばしいものです。彼らの関係が深ければ深いほどその喜びは大きなものとなりま…
  5. ゲームを楽しみながら神のみ言葉を学ぶ子供向けの聖書です。天地創造からイエスの復活にいたる…
PAGE TOP
Translate »