思い出さしてくださいという種 王であるキリスト(ルカ23・35〜43)

私たちは、聖堂や私たちの部屋や身近なところにある十字架のキリストを見て、この方が王とは感じないのではないでしょうか。私たちが思い浮かべる【王】は、立派な宮殿に住んでいて、威厳に満ち、きらびやかな衣装を身にまとった方を想像することしょう。しかし、十字架にかけられたイエス様のお姿は、まるで、私たちが思い描くような【王】の姿ではありません。ただ、そのお姿を見る時、何か私たちに語りかけてくださるお方と、感じることだと思います。

きょうの典礼は、年間最後の主日である【王であるキリスト】です。そして、みことばはイエス様が十字架にかけられ、人の目から見ると最も、目を背けたくなるような、悲しいお姿の場面です。みことばは、「民はそこに立っていた。」という一節から始まっています。そこは、刑場でした何人もの罪人が処刑され、忌み嫌われているところです。人々は、病人を癒し、奇跡を行い、父である神のことを教えられた方として、イエス様こそ自分たちを解放してくださる【メシア】ではないか、と思っていました。しかし、自分たちの目に映るイエス様のお姿は、メシアとは想像もつかないものだったのです。彼らは、期待を裏切られ、失望と悲しみの中にあったのではないでしょうか。

一方、議員たちは、イエス様をあざけり「あの男は人を救った。……自分を救うがよい」と言っています。彼らは、いつもイエス様から自分たちの言動や行動を非難され指摘されていた、律法学者やファリサイ派の人たちでした。彼らにとって、イエス様の姿は、「もう、自分たちを非難することができない、邪魔されることもできない、ただの罪人の一人」だったのです。彼らは、念願のイエス様の【死】であり、目標が達成したという気持で一杯だったのではないでしょうか。そのため、議員たちの言葉は、「あの男は」というようにイエス様に対して「もう関係がないどうでもいい人」というように【三人称】として映っていたようです。

さらに、ローマ兵は、ユダヤ人たちから【メシア】と呼ばれていた人が、今は十字架にかけられ亡くなろうとしている、ただの人でしかありませんでした。彼らもまた、イエス様に対してなぶりものにし、「もしお前がユダヤ人に王なら、自分を救ってみろ」と言います。彼らは、議員たちよりは、イエス様に対して興味があったようです。そのため「お前は」というように【二人称】でイエス様のことを呼んでいます。彼らは、イエス様を心から【メシア】として思っているのではなく、今まで自分たちの耳に入って来たうわさの人が目の前にいる、そのような気持でイエス様を見ているようです。

さらに、イエス様の横に十字架にかけられた犯罪人は、「お前はメシアではないか。自分とおれたちを救ってみろ」と侮辱しながら言います。彼にとってイエス様は、今までたくさんの奇跡を行ったように、今の十字架にかけられた苦しい状態から自分を救ってくれる人と映っていたのでしょう。

不思議なことに今まで出て来た三つの人物たちは、みんな「……自分を救うがよい」、「自分を救ってみろ」、「自分とおれたちを救ってみろ」というように言葉では、【救い主メシア】と言っているのです。しかし、彼らの心の中は、あざけりであったり、なぶりものであったり、侮辱でしかなかったのです。私たちは、十字架にかけられたイエス様をどのように見ているのでしょうか。

最後の人は、今までの人たちとは違ってイエス様のことを「イエスよ、あなたがみ国に入られるとき、わたしを思い出してください」と「イエスよ」と名前で呼んでいます。彼にとってイエス様は、人々に教え、癒し、奇跡を行って来た【救い主メシア】だったのです。この方こそ、徴税人や罪人と言われる人に耳を傾け、平安を与えてくださった方、自分たちを認めてくださった方と思っていたのではないでしょうか。彼の言葉の中には、一言も「救ってみろ」という言葉はありません。ただ「わたしを思い出してください」と言うだけでした。彼にとって、それだけで良かったのです。彼の言葉は、彼の回心の表れであり、彼の信仰宣言でもあるのではないでしょうか。イエス様は、彼のこの言葉に対してだけ、「あなたによく言っておく。今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」と言われます。今自分の命が亡くなろうとしている彼にとってこの言葉は、優しくて温かく心に響いて来たのではないでしょうか。

イエス様は、私たちが「思い出してください」と言うのを待っておられるのではないでしょうか。イエス様は、たとえ十字架にかけられるような罪を私たちが犯したとしても、心からイエス様に心を向ける時、【いつくしみと愛】によって私たちを包まれ、【あなたはわたしとともに楽園にいる】と言われるのではないでしょうか。私たちは、イエス様に心から「思い出してください」と言えたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 西洋と東洋の神秘主義の伝統に通暁した著者が、21世紀というグローバル化し、「地球家族」となった…
  2. 2016/10/23

    世界宣教の日
    教会は、典礼暦とは別に、一年の中でいくつかの特別な日を定めています。すでに見た世界病者の日(2月11…
  3. 「使徒の女王マリア」の祝日は、私の属する修道会、聖パウロ修道会に固有の祝日で、聖霊降臨の主日の前日に…
  4. 先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでし…
  5. すべてを奪われ、苦しみの極みの中、神の慰めもなく、息を引き取ったイエス。これ…
PAGE TOP
Translate »