【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
今回の懐かし写真館は「前進」です。1955年から1957年の写真をご紹介いたします!

「1955年、それまで準管区の資格であった日本の聖パウロ修道会は、正式に日本管区となりパガニーニ神父が初代管区長に任命された。
1956年、会はさらにチリオ神父を迎えた。同神父は短期間の東京での生活の後、福岡修道院に派遣された。神父は以前教区司祭であったが、聖パウロ修道会の精神と使徒職に感じて入会、当初から日本での宣教を志願していた。
同年7月、聖パウロ学園関係の会員、志願者を収容する学園会館の建築が開始された。この工事は地下1階地上2階延べ476坪のもので、翌年3月に完了した。
ボアノ神父は赤坂修道院の院長として多年会員の養成に当たっていたが、この年の10月18日、司祭叙階25周年の祝いを迎えた。会員、志願者たちは心から銀祝のこの日を祝い、同神父の健在と活躍とを祈った。
また、1957年3月12日に赤坂修道院も落成した。」(『聖パウロ会修道会来日50年のあゆみ』より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 来週からベトナム語の学校が始まることもあり、今日はちょっと気分転換でメコンデルタへ行ってきました。…
  2. 山口輝男神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 何をして…
  3. インターネット通販<パウルスショップ>の【3.11 東日本大震災から7年】の特集ページはチェックされ…
  4. 教皇フランシスコは、「教会の母聖マリア」の義務の記念日を、聖霊降臨の翌日の月曜日に制定された。本…
  5. 教皇ヨハネ・パウロ2世は、1981年に来日し、被爆地の広島を訪れたときに、「平和アピール」を打ち出し…
PAGE TOP
Translate »