おん父の声という種 年間第28主日(マタイ22・1〜14)

何か催し物をするとき、準備も大変ですが一番大変な者は、人を集めると言うことではないでしょうか。いろいろな宣伝をしても、催し物がどんなに良いものであっても、相手にとっては価値あるものか、興味を示すものかどうかで行くかどうかが決まります。

きょうのみことばは、『王子の結婚披露宴』の譬え話です。イエス様は、ファリサイ派やイスラエルの主だった人たちに対して話をされています。ある王は、王子の結婚披露宴を催して披露宴に予め招待した人々を僕たちに迎えに行かせます。しかし、招いた人たちは、来ませんでした。王は、重ねて僕たちを遣わし、「宴の用意が整いました。牛や肥えた家畜を屠って、すべての用意が整いました。さあ、披露宴においでください。」と言わせます。

王からの結婚披露宴の招待ですから、招待されると言うのはとても名誉なことですし、招待客も一般の人ではなくそれなりの身分がある人たちではないでしょうか。にもかかわらず、彼らは王子の結婚披露宴を無視します。王が最初に遣わした僕たちは、旧約の預言者たちと言われ、次に遣わされた僕たちは新約になってからのキリスト者と言われています。王は、2回目に遣わした僕たちには改めて、どのような料理を準備したかと言わせています。このことは、いかに招待客であるイスラエルの人々をおん父が愛しているかということを表しているかがわかるのではないでしょうか。

しかし、招待客は来ないばかりか、それぞれ畑や商売の方を優先し、またその他の人たちは、僕たちを捕まえて辱め、殺してしまいます。招待客にとって、王子の結婚披露宴は、それほど重要な価値あるものではなく、むしろ自分たちの仕事を第一と考えていたようです。このことは、私たちにとって【何が大切なものか】ということを振り返る機会を与えてくださっているのではないでしょうか。私たちの日常の生活の中では、様々な【選択】をする機会があります。この時の【選択】の基準は、どちらが得か、労力が少なく済むか、自分の好みはどちらかなどと人様々だと思いもいます。しかし、そのような時ちょっと立ち止まって、「今、何をすべきか。大切なものは何か。もしイエス様だったら」と心に響く声に耳を傾ける時間をとってみることも必要なのではないでしょうか。私たちは、どうしても自分の好みに傾きやすいものです。間違いではありませんが、わずかな時間を持っても良いのかもしれませんね。

仕事に行かなかった招待客たちは、王の僕たちに対して辱め、殺してしまいます。王は、怒って軍隊を差し向け、これらの人殺したちを滅ぼし、その町を焼き払ってしまいます。実際、キリスト者たちは迫害を受けて殺されてしまいますし、その後、イスラエルはローマ軍によって滅ぼされてしまいます。イエス様は、喩えを用いてイスラエルの人々に対してあなたたちもおん父からの教えを無視して、自分たちに都合がいいようなことをしていると滅ぼされますよ、と伝えているのではないでしょうか。

王は、「披露宴の用意は整っているのに、招待客はふさわしい者ではなかった。だから、大通りに行って、誰でもよいから、出会う人を披露宴に招きなさい」と言われます。僕たちであるキリスト者は、イスラエルの主だった人たちではなく、罪人や貧しい人、さらには、異邦人たちに対しての宣教に遣わされます。パウロが「割礼を受けた者に対する使徒しての任務のためにペトロに働きかけた方は、異邦人に対する使徒としての任務のためにわたしにも働きかけられたのです。」(ガラテヤ2・8)と言っていますように、おん父は、異邦人に対しての宣教にパウロを遣わされ福音を全世界に広められたのです。

さて、王は披露宴客でいっぱいになった会場を見に行きます。そこには、僕たちが改めて招待した「善人や悪人」という人たちでいっぱいになっていました。おん父は、これら全ての人を天の国に招かれます。ここで疑問を持つのは、【善人】が招かれるのはわかるのですが、どうして【悪人】まで呼ばれたのでしょうか。それは、彼らが回心すること、また、弱い人、貧しい人が癒されるということを表しているのではないでしょうか。今の私たちの【教会】を振り返ってみてもいいですし、フランシスコ教皇が示される歩みもまさに「すべての人に福音」をということにもつながるのではないでしょうか。

王は、婚礼の礼服をつけていない者がいることに気づきます。そして、彼に愛情を込めて「友よ、どうして婚礼の礼服をつけずに、ここに入ってきたのか」と尋ねますが、その人は、何も答えませんでした。彼は王の呼びかけに対して【無視】したのでした。私たちは、どのような気持ちでおん父の呼びかけに答えているのでしょうか。洗礼の恵みを頂いたのにもかかわらず、信仰を深めることを怠り、おん父の呼びかけに耳を傾けようとしないとしたら、やはり、彼のように、「外の闇に放りだせ」と言われるかもしれません。私たちは、キリスト者として私たちに呼びかけておられるおん父の呼びかけに答えることができる【良い耳】を持つことができたらいいですね。

あなたにオススメ