年間第28主日(2020年10月11日)福音書のメッセージ動画

王子の婚宴に招かれた客は来なかった。
神とユダヤ民族との関わりの歴史が語られるたとえ話。

イエスが示したのは
善人も悪人も招く神の姿。

私たちは神の前に出るとき
どんな自分をぶつけていけばよいのだろうか?

マタイによる福音書 22章1節~14節
そのとき、イエスは、また喩えで彼ら祭司長や民の長老たちに語られた、「天の国は次のように喩えられる。ある王が王子のために結婚の披露宴を催した。王は披露宴に招いた人々を迎えに、僕たちを遣わしたが、その人々は来ようとしなかった。そこで、王は、重ねてほかの僕たちを遣わして言わせた、『宴の用意が整いました。牛や肥えた家畜も屠って、すべての用意が整いました。さあ、披露宴においでください』。しかし、彼らはそれを無視して、ある者は畑に、ある者は商売に出かけ、ほかの者たちは王の僕たちを捕まえて辱め、殺してしまった。王は怒って、軍隊を差し向け、これらの人殺したちを滅ぼし、その町を焼き払ってしまった。そして、僕たちに言った、『披露宴の用意は整っているのに、招待客たちはふさわしい者ではなかった。だから、大通りに行って、誰でもよいから、出会う人を披露宴に招きなさい』。僕たちは通りに出ていき、悪人であれ善人であれ、出会う人をみな集めてきた。こうして、披露宴は客でいっぱいになった。王は客を見ようとして入っていった。すると、そこに婚礼の礼服をつけていない者がいるのに気づいた。王は彼に向かって、『友よ、どうして婚礼の礼服をつけずに、ここに入ってきたのか』と尋ねたが、その人は何も答えなかった。そこで、王は給仕たちに言った、『この男の手足を縛って、外の闇に放り出せ。そこには嘆きと歯ぎしりがある』。実に、招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない」。

あなたにオススメ