ふさわしい賃金 年間第25主日(マタイ20・1~16)

働いた者への報酬として、賃金があります。賃金のことについては、旧約聖書の中でも「あなたは隣人を虐げてはならない。奪い取ってはならない。雇い人の労賃の支払いを翌朝まで延ばしてはならない」(レビ19・13)とか、「賃金はその日のうちに、日没前に支払わねばならない。彼は貧しく、その賃金を当てにしているからである」(申24・15)と記されています。いつの時代でも、それに見合った賃金がありました。

今日のみことばに登場する方々は、一日一デナリオンの契約で働いています。実際に働いた人は、朝早くから、9時頃から、12時頃から、午後3時頃から、そして午後5時頃からとさまざまです。通常の賃金の支払いであれば、労働時間に合わせて支払うし、残業があれば、それに見合った支払いが理にかなっていると言えるでしょう。しかも暑い炎天下での作業であれば、それなりの報酬がいただけるとだれもが期待するはずです。ところが支払いにおいては、違っていました。午後5時ごろから働いた人が一デナリオンもらったので、午後3時から働いた人はもっともらえると思ったし、ましてや午前9時頃から働いた人はもっともっともらえるだろうとの期待がありました。ところが同じように一デナリオン。とても不公平に感じます。でも主人の言い分は、「一日一デナリオン」の契約であったので、間違ってはいません。人間的な視点で考えるとしっくりこないのがこの箇所でしょう。

今日の箇所でとても気になる言葉があります。「雇ってくれる人がいない」という言葉です。本当は働きたいけれど、仕事がない、雇ってくれる人がいないというのはとても寂しいことです。何もしないで一日中ブラブラしているのもまたかわいそうなものです。無職の立場であったのが、仕事を得ることになります。一つの恵みの機会でした。また自分が午後五時から働いた立場で考えるならどうでしょうか。寛大な主人の対応に心から感謝するものです。

仕事を提供してくれる父である神、寛大に接してくれる父である神の姿や恵みが深く感じられます。

あなたにオススメ