年間第25主日(2020年9月20日)福音書のメッセージ動画

早朝から働いた人と、夕方1時間しか働かなかった人に
同じ給料を払うぶどう園の主人。

これは、効率主義や能力主義とは無関係の神の姿。

この気前の良い神の前に、
私たちはどんな自分でいればよいのだろうか?

マタイによる福音書 20章1節~16節
そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。「天の国は次のことに似ている。ある家の主人がぶどう園で働く者を雇うために、朝早く出かけた。彼は一日一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。九時ごろ、再び市場に出かけると、何もせずに立っている人たちがいたので、彼らに言った、『あなた方もぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払おう』。彼らは出向いて行った。主人はまた十二時ごろと三時ごろにも出かけて、同じようにした。さらに五時ごろ、出かけると、ほかの人たちが立っていたので、『なぜ何もせず、一日じゅうここに立っているのか』と言うと、彼らは『誰も雇ってくれないからです』と答えた。そこで、主人は彼らに、『あなた方もぶどう園に行きなさい』と言った。夕方になって、ぶどう園の主人は管理人に言った、『労働者たちを呼び、最後に来た者たちから始めて、最初に来た者たちにまで、賃金を払いなさい』。そこで、五時ごろに来た者たちが来て、それぞれ一デナリオンずつ受け取った。最初に来た者たちが来て、それよりも多くもらえるだろうと思っていたが、彼らが受け取ったのも一デナリオンであった。それを受け取ると、彼らは主人に不平をもらして言った、『最後に来た者たちは一時間しか働きませんでした。それなのに、一日じゅう労苦と暑さを辛抱したわたしたちと同じように扱われる』。主人はそのうちの一人に答えて言った、『友よ、わたしはあなたに何も不正なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。あなたの分を取って帰りなさい。わたしはこの最後の人にも、あなたと同じように支払いたいのだ。わたしが自分のものを自分のしたいようにするのが、なぜいけないのか。それとも、わたしの気前のよさを、あなたは妬むのか』。このように、後の者が先になり、先の者が後になる」。

あなたにオススメ