赦すという種 年間第24主日(マタイ18・21〜35)

ある神父様が、「なぜ、主の祈りに『わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。』という言葉があるのかわかりますか」と尋ねられたことがあります。「それは、人をゆるすというのは人の力だけでは難しいからです」と言われました。確かに、心まで傷つけられた時その人をゆるすということは人の力だけでは本当に難しいものです。

さて、きょうのみことばはイエス様が「無限に人を赦しなさい」と言われる場面です。きょうのみことばの前には、「罪を犯した人に対して『いさめなさい』」(マタイ18・15)とイエス様が弟子たちに伝えていました。ペトロは、このことを聞いたのちに、何か思い当たることがあったのでしょう。もしかしたら、ペトロは他の弟子たちから何かひどいことをされたのか、言われたのかもしれません。ペトロは、イエス様に近寄って「主よ、わたしの兄弟がわたしに罪を犯した場合、何度、赦さなければなりませんか。7回までですか。」と尋ねます。ペトロは、なぜ「7回までですか」と言ったのでしょうか。創世記の中で、アベルを殺したカインに対して主なる神が「ならば、カインを殺すものは誰でも、7倍の復讐を受けるであろう」(創世記4・15)と言われています。この「7倍の復讐」に対しての「7回の赦し」ということをペトロは、イエス様に尋ねたのではないでしょうか。または、当時の人たちの間では、「人を赦すのは7回まで」と言われていたのかもしれません。

ペトロの考えは、「7回も赦してやったので、8回目は承知しないぞ」ということだったのでしょう。しかし、イエス様は、「あなたに言っておく。7回どころか、7の70倍までである。」と答えられます。私たちは「そうかでは、490回までは、赦さなければならないのか」と掛け算をしそうですが、そうではなくイエス様は「赦すことに対して限度はありません。」と言われているのです。

それからイエス様は、「天の国は次のように喩えられる。」と弟子たちに言われます。イエス様が言われる「天の国」は、私たちが死んでから行く「天の国」ということではなく、いま私たちが生きているこの社会の中のことです。イエス様は、私たち一人ひとりが平和でお互いが助け合い、祈り合い、愛し合って生活ができる関係の状態を【天の国】と言っているのではないでしょうか。

イエス様の喩えは、王が僕たちに貸借の決済をすることから始まります。その中で、1万タラントンの負債がある者が王の前に連れ出されます。王は彼に「その人自身と、その妻や子供たち、および所有物すべてを売って、返済するように」と命じます。1万タラントンというお金は、日本円にしておよそ数十億くらいの金額です。普通考えると、よくそのようなお金を王が貸されたという疑問もありますし、借りる方もそのような大金を一体何に使ったのだろうか、という疑問も出てきます。イエス様がこの喩えで言われる「王」は、おん父のことでしょう。おん父は、私たち一人ひとりに対して1万タラントンもの金額さえも惜しまず貸してくださるお方と言ってもいいでしょう。この金額は、実際のお金ではなく、おん父の【いつくしみの愛】とも言えます。

もちろん、この僕は、そのような大金を返すことはできません。にもかかわらず「ひれ伏して『もうしばらくお待ちください。きっと全部お返ししますから』」と哀願します。主人は、彼を憐れに思って、彼を赦し、借金を免じてやります。ここにこの主人の寛大さ、言い尽くせないほどの【いつくしみの愛】の深さを感じとることができます。私たちは、おん父からこれほどの【いつくしみの愛】をいただいているのですね。

この僕は外に出ると、自分に100デナリオンの負債がある1人の同僚に出会います。彼は、その同僚の喉元を締めつけ「謝金を返せ」と言います。ちなみに、1デナリオンは、一日分の賃金で、1万タラントンの60万分1ということになるようです。日本円ではおよそ60万円となるでしょうか。しかし、この僕は、同僚がひれ伏して「もうしばらく待ってくれ。必ず返すから」としきりに願ったのにもかかわらず、赦さずに牢獄に入れてしまいます。この僕は、主人から憐みを受けて借金を免じてもらった【愛】を何とも思っていなかったのです。彼は、再び主人の前に呼び出され「……わたしがお前を憐れんだように、お前もあの仲間を憐れむべきではなかったのか」と言われて、負債を全部返すまで拷問係に引き渡されます。

主人は、彼が同僚に対して【憐れみ】を示さなかったことに怒ったのでした。憐れみは人を愛することから始まりますし、人を愛していないと赦すこともできません。残念ながらこの僕は、人を愛するということ、憐れむ心が欠落していたので、【天の国】の素晴らしさを理解できなかったのです。イエス様は、「……自分の兄弟を心から赦さないなら、天におられるわたしの父も、あなた方に対して同じようになさるであろう」と言われます。私たちは【心から】人を赦すことの難しさを知っています。私たちは、おん父に「人を憐れむ心を、人を赦す心をください」と祈ることができたらいいですね。

あなたにオススメ