ひとりではないという種 年間第23主日(マタイ18・15〜20)

共同生活をしていると時には、喧嘩もしますし、気が合わない人もいるのではないでしょうか。それは、教会や学校そして会社の中、さらにもっと身近なところでは、家族の中でも上手くいかないこともあるのではないでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様が共同体の中でもし罪を犯した人がいたらどのようにすればいいのか、ということを伝えている場面です。マタイ福音書の18章は弟子たちが「天の国では、誰がいちばん偉いのでしょうか」と質問することから始まっています。イエス様は、その質問に対して「幼子のように自らへりくだる者になりなさい。」(マタイ18・4)と言われます。イエス様は、幼子のように大人に助けてもらわないと何もできない、そのような心から謙遜な人になるようにと言われているようです。さらに、「このような幼子の1人を、わたしの名の故に受け入れる者は、わたしを受け入れる者である」(マタイ18・5)と言われ、「あなた方はこれらの小さな者の1人をも、軽んじないように気をつけなさい。」(マタイ18・10)と言われた後に「迷える羊」の喩えを話されます。

迷った羊は、共同体から罪を犯して飛び出た人のことを指しているようです。しかし、イエス様は、「もしそれを見つけたら、……その1匹のことを喜ぶであろう。このように、これらの小さな者が1人でも滅びることは、天におられるあなた方の父のみ旨ではない」(マタイ18・13〜14)と言われます。イエス様は、どのような共同体でも、この【迷った羊】のように飛び出す人が出てくると伝えておられるようです。イエス様は、幼子を受け入れる、迷った羊に対して見て放っておくのではなく関わっていくことを伝えているのではないでしょうか。

そして、きょうのみことばへと続いていきます。イエス様は「もしあなたの兄弟が罪を犯したなら、行って2人だけの間で、彼をいさめなさい。もし彼があなたの言うことを聞き入れるなら、あなたは自分の兄弟を得たことになる」と言われます。ここで罪を犯した兄弟とは、「幼子」であり「迷った羊」と言ってもいいでしょう。イエス様は、まず「行って2人だけの間で」と言われます。罪を犯した人は、迷った羊のように、孤独で傷つき、不安で周りの人に対して後ろめたさもあるのではないでしょうか。そんな人をいきなり大勢の前に連れていくと言うのは、ますますその人を傷つけてしまうことになります。イエス様が言われる【2人だけ】と言うのは、そこに【いつくしみの愛】があるのではないでしょうか。イエス様は、その人の罪を指摘して裁くのではなく「いさめなさい」と言われます。このことは、罪を犯した人に対して寄り添い、同伴していくことではないでしょうか。イエス様は、もしその人が罪を犯していると、気づき癒されることができれば2人の関係はさらに深くなると言われます。

しかし、そのようにならない場合は、「ほかに1人か2人を連れて行きなさい」と言われます。ここでもその人に対して責めたり、裁いたりするのではなく、親身になり愛を持って接するのです。私たちは、時々「なぜ、こんなにあなたのことを心配して言っているのに分からないの、もうどうなっても知りません。好きなようにすればいい」と言うことがあるのではないでしょうか。そうすると相手は、ますます自分の中に閉じこもったり、逆に意固地になったりしてしまいます。そんな時、イエス様が言われた「幼子を受け入れる」と言う言葉を思い出すといいのではないでしょうか。

イエス様は、それでも聞き入れなければ、「教会に申し出なさい。もし教会の言うことも聞き入れなければ、彼を異邦人や徴税人と同様にみなしなさい」と言われます。このことは、共同体からの追放と言うことになります。私たちは、この言葉を聞くと「やっぱり、最後は追い出すのだ」と思うのではないでしょうか。おん父は、私たちを創造する時に「自由意志」を与えられました。イエス様は、この人が共同体と一緒にいることを嫌がっているのに無理に引き止めようとはされませんし、いずれその人が『放蕩息子』(ルカ15・11〜32)のように自分から戻ってくることを望んでおられるのです。

イエス様は、「どんなことであれ、もしあなた方のうち2人が心を一つにして地上で願うなら、天におられるわたしの父はそれをかなえてくださる。2人また、3人がわたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいる。」と言われます。このことは、私たちにどれほど希望を与えてくださることでしょう。イエス様は、「心を一つにして」と言われ、共同体が迷うことなくおん父の方に向かって祈る姿を言っておられるのではないでしょうか。そして、おん父に向かって祈っている時、イエス様がそこにおられないはずはありません。

私たちは、弱くて迷いやすい「幼子」であり「羊」になることもあります。きょうのみことばは、そのような時にも1人ではなく、側にいてくれる人、心配してくれる人、助けてくれる人がいることを伝えているのではないでしょうか。1人で不安な時、ついつい迷ってしまった時、イエス様は、そんな私たちと同伴してくださり、友として天の国の共同体に導いて下さいます。私たちはそのことに信頼して歩むことができたらいいですね。

あなたにオススメ