自分を捨てるという種 年間第22主日(マタイ16・21〜27)

私たちは、洗礼の恵みを頂いたと同時に一人ひとりに使命も頂いています。それは、私たちの【召命】と言ってもいいでしょう。その頂いた恵みを振り返るためにもきょうのみことばでイエス様は「わたしの後に従いたい者は、自分を捨てて、自分の十字架を担って、わたしに従いなさい」と声をかけられているのではないでしょうか。改めて、私に与えられた【召命】と向き合ってもいいのではないでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様がペトロを叱られる場面に続き、ご自分に従う人に対しての心構えを伝えている場面です。イエス様は、「……エルサレムに行き、長老、祭司長や、律法学者たちから多くの苦しみを受けて、殺され、そして3日目に復活する」というご自分の受難について弟子たちに話されます。このことは、イエス様がこの世に受肉される前からおん父によって決められた使命でした。イエス様は、弟子たちにご自分がいよいよおん父のみ旨を行うことを打ち明けられます。もちろん、弟子たちが動揺することもご存知だったことでしょうが、彼らに伝えなければならない大切なことだったのです。

弟子たちや、イエス様を慕ってきた人たちは、イエス様の様々な教えや奇跡を通して「イエス様こそが自分たちを、ローマやヘロデ王たちの圧政から解放してくださる救い主、メシアだ」と思っていましたし、弟子たちも「栄光の王のもとで、誰が一番偉くなるか」と考えていました。イエス様は、そんな弟子たちに本当の【メシア】とは何かを伝えようとされたのです。しかし、案の定イエス様が伝えようとする【メシア】を理解できない弟子たちでした。ペトロは、イエス様を脇へお連れして「主よ、とんでもないことです。決してそのようなことはありません。」といさめます。この少し前に「あなたは生ける神の子、メシアです」とイエス様に言ってほめられたことが嬉しくなって、今度は良かれと思ってイエス様をいさめたのかもしれません。

しかし、ペトロは、イエス様に「サタン、引き下がれ。お前は、わたしをつまずかせようとしている。お前は神のことではなく、人間のことを考えている。」と叱られます。イエス様は、宣教を始める前に荒れ野でサタンから誘惑を受けていました。イエス様は、そのことをペトロの言葉の中に気が付かれたのではないでしょうか。私たちは、困っている人に対して「私がこの人のために何かをしなければこの人を救うことができない」と思うことがあるのではないでしょうか。しかし、そのような時、【私が】なのか【イエス様が】なのかと振り返ってみることが大切なのではないでしょうか。ペトロもきっと「【私が】イエス様をいさめないと」と思ったのかもしれません。イエス様は、ペトロの「良かれ」と思って言ったことを叱られたのではないでしょうか。私たちも「良かれ」と思う気持ちの中に思わぬサタンの落とし穴があるかもしれません。今一度私の心を振り返ってみてもいいかもしれません。

イエス様は、弟子たちに「わたしの後に従いたい者は、自分を捨てて、自分の十字架を担って、わたしに従いなさい」と伝えられます。イエス様は、どのようなお気持ちでこの言葉を弟子たちに伝えたのでしょうか。イエス様は、私たちの先頭に立っておん父のもとに導いて下さいます。そのためにまずご自分が、私たちを贖うために十字架を担われました。イエス様は、私たちにも同じように【自分の十字架】を担いなさい、と言われています。私たちは、イエス様の苦しみをみことばを通して知っていますし、また、殉教を通して自分の命を捧げた人たちのことも知っています。それを思う時、私たちは自分の信仰を問われることでしょうし、もしかしたら尻込みしてしまうかもしれません。

イエス様は、「自分の十字架を担う」と言われる前に「自分を捨てて」と言われてえいます。私たちは、「自分を捨てて」と言われて思う時、「何を捨てなければならないのか。財産とか地位とか……」と考えてしまいます。パウロは、「あなた方の体を、神に喜ばれる聖なる生ける犠牲(いけにえ)として捧げなさい。これこそ、あなた方にふさわしい礼拝です。」(ロマ12・1)と言っています。パウロは、私たちに「自分をおん父に犠牲(いけにえ)として捧げることこそが【自分を捨てる】ことですよ」と言っているのではないでしょうか。当然、犠牲を捧げる時は、苦しみも伴います。そのような時、イエス様の十字架のお姿を思い出してみることもいいかもしれません。私が大好きなイエス様が苦しまれたのですから、今の私をお捧げします、と思うだけでいのかもしれません。

イエス様は、「人の子は父の栄光に包まれて、み使いたちとともに来る。その時、その行いに応じて一人ひとりに報いる。」と言われます。イエス様は、私たちを裁きに来られるのではなく、私たちがどのような思いで、自分をおん父に捧げたのか、ということを言われているのではないでしょうか。イエス様は、ご自分の父に対して捧げたその私たちの小さな愛を喜んで報いてくださることでしょう。私たちは、日々の生活の中で【私が】ではなく、イエス様と共に犠牲(いけにえ)を捧げることができたらいいですね。

あなたにオススメ