パウロの娘たちの幸い八か条――神さまとともに歩く修道院の祈り

幸いなこと、
  よいたより、平和のたよりを運ぶ人の歩み。

幸いなこと、
  教会のはしため、母である教会の心を心とする人。

幸いなこと、
  神のために歩む人。人びとと出会うために修道院の沈黙の神秘のうちに
  世界の道を探り、明日その道を歩む人。

幸いなこと、
  神の使いたち。
  教会の道を見失ったり、まだ見いだしていない人を探す人。

幸いなこと、
  イエスの郵便配達者。一つひとつの家庭に愛の福音を運ぶ人。

幸いなこと、
  司祭の熱誠のわざに参与する人。
  道・真理・いのちであるイエス・キリストを沈黙のうちに告げる人。

幸いなこと、
  羊飼いや博士に、神殿で、弟子たちに、世界に
  イエスを示すマリアに倣う人。

幸いなこと、
  パウロの娘たち。
  御父の心を心とし、御父のみことばを世に伝え、御父とともに苦しみと
  祈りと働きを通して、神からしるされた道を歩む人。

地上のあらゆるところから、道はただ一点に集められています。
そこにはイエスがおられ、あなた方と出会うことになっています。
「幸いな人たち、来て、父の国に入りなさい」。

父と子と聖霊の祝福がパウロの娘たちにありますように。

神が常にともにおられ、その歩みが常に守られ、
神の栄光と人びとの平和のための働きの実りが末長く続きますように。
アーメン。

『パウロ家族の祈り』より

あなたにオススメ