年間第20主日(2020年8月16日)福音書のメッセージ動画

ティルスとシドンの地域に住む
カナンの女性の娘を癒したイエス。

あなたの信仰は立派だと言って、
女性の願いに応えたイエス。

立派な信仰とはどういうことだろうか?
神を引き寄せるのは立派な生き方なのだろうか?

マタイによる福音書 15章21節~28節
そのとき、イエスはそこを去って、ティルスとシドンの地方に退かれた。するとそこへ、その地方生まれのカナン人の女が現れて、叫んだ、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊に憑かれて、ひどく苦しめられています」。しかし、イエスは一言もお答えにならなかった。弟子たちがイエスに近寄ってきて願った、「この女を追い返してください。後ろで、叫び続けています」。イエスは、「わたしはイスラエルの家の失われた羊のためにしか遣わされていない」とお答えになった。しかし、女はイエスのもとに来て、ひれ伏して、「主よ、わたしをお助けください」と言った。すると、イエスは「子供のパンを取り上げ、子犬に投げ与えるのは、よいことではない」とお答えになった。しかし彼女は言った、「主よ、ごもっともです。しかし、子犬も主人の食卓から落ちるパン屑を食べます」。その時、イエスは仰せになった、「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの望みどおりになるように」。娘はただちに癒やされた。

あなたにオススメ