天の国という種 年間第17主日(マタイ13・44〜52)

私たちにとって【天の国】とはどのような状態の所でしょう。人によってそれぞれ違うイメージを描かれることでしょう。私にとっては、イエス様とともにいる「平安」な状態となるでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様が【天の国】についての喩え話の締めくくりの場面です。イエス様は、湖に集まってきた大勢の群衆に『種まきの喩え話』『毒麦の喩え話』『芥子種の喩え話』『パン種の喩え話』と話され、最後に『隠された宝』『真珠商』『網の喩え』と話されます。みことばは、この「喩え話」の結びの部分でイエス様が「『あなた方は、これらのことがみな分かったか』。弟子たちは『はい』と答えた。」と書かれています。マタイ福音書の13章の対象は、最初の「大勢の群衆」(13・2)から「人々」(13・33)となり最後には「弟子たち」(13・51)と変化しています。もちろん最後の「弟子たち」の中には、12人の弟子たちもいたでしょうし、イエス様の『喩え話』を聞いて『善い地に蒔かれた種』としてイエス様の話を受け取った人たちがいたのではないでしょうか。

イエス様は、「天の国は畑に隠された宝に似ている。」と言われます。なぜ、イエス様は、【畑に隠された宝】と言われたのでしょうか。そもそもなぜ、畑に宝があるのでしょう。当時のユダヤは、何度も他国から攻められ滅ぼされ、何度も戦争をしています。人々は、その都度逃げ惑い、生死を危険に晒されていました。それで、彼らは自分たちの財産を持って逃げるのではなく彼らの土地に埋めていたようです。それが何年もの間掘り起こされることなく、土の中に埋もれ、やがて畑となったのでしょう。

この宝を見つけた人は、農夫だったのか、それとも、ただ畑を歩いていた人だったのか不明ですが、いずれにしろ、何かを【求めて】畑を歩いている時に土の中に埋れていた【宝】を見つけます。彼は、その宝を見つけると、それをそのまま隠しておき、喜びのあまり、行って自分の持ち物をことごとく売り払い、その畑を買います。このみことばの中の「そのまま隠しておき」とありますが、それは、自分が【宝】を独り占めしようとしたということではなく、その【宝】を大切なもの、かけがえのないものと思ったからではないでしょうか。彼は、やっと畑の中に自分が探し求めている【何か】を見つけることができたのです。その様子は、【喜びのあまり】という言葉として表れていると言ってもいいでしょう。そして彼は、自分の持ち物をことごとく売り払って、畑を買っても惜しくないとさえ思ったのです。

次にイエス様は、「天の国はまた、善い真珠を探し求める商人に似ている。」と言われます。前の喩え話は、【宝】が【天の国】でしたが今度の喩え話は、【善い真珠を探し求める商人】が【天の国】となっています。イエス様は、「この真珠商人が求めていた真珠に出会った喜びの状態が【天の国】ですよ」と言われているのではないでしょうか。彼も前の畑で宝を見つけた人のように自分の持ち物をことごとく売りに行き、その真珠を買います。

この二つの喩え話で共通することは、【天の国】は、自分の持ち物をことごとく売り払っても手に入れる価値があると言うことです。このことは、イエス様の弟子になる必須条件と言ってもいいでしょう。イエス様の最初の弟子たちは、「舟と父を後に残して、イエスに従った」(マタイ4・22)とありますし、イエス様が金持ちに青年に「あなたの持ち物を売り、貧しい人々に施しなさい。……それから、わたしに従いなさい」(マタイ19・21)とあります。ですから、イエス様が言われる【天の国】と言うのは、ご自分とともにいる状態のことを言っているのではないでしょうか。

最後にイエス様は、「天の国はまた、海に投げ入れてあらゆる魚を捕る網に似ている。」と言われます。ここでの【天の国】は、前の二つの喩え話と少し違ってどちらかと言うと、『毒麦の喩え話』に似ています。イエス様は、「網がいっぱいになると、人々は岸に引き上げる。」と言われています。まず「天の国という網」は、網がいっぱいになるまで時間がかかり、さらにその網の中には、「善いもの」と「悪いもの」が混在しているのです。しかし、最後には、「善いもの」だけが天の国に留まることができるのです。

イエス様は、弟子たちに「天の国について学んだ学者はみな、新しいものと古いものを、自分の倉から取り出す、一家の主人に似ている。」と言われます。ここでいう【学者】というのは、イエス様の話を聞いてついてきた弟子たちのことを指しているようですし、【一家の主人】というのは、イエス様のことを指しているようです。さらに、「新しいもの」というイエス様の教えと「古いもの」という尊重すべきユダヤの伝統のようですから、弟子たちは、イエス様と一体となって、「新しいもの」と「古いもの」とを使いながら、福音宣教をするという使命をいただいているということではないでしょうか。

私たちは、イエス様の弟子という【天の国】のお恵みをいただき、みことばを宣べ伝え、その喜びを味わうことができたらいいですね。

あなたにオススメ