年間第17主日(2020年7月26日)福音書のメッセージ動画

イエスとの出会いは
一度限りの人生で見出した大事な宝。

自分の持ち物をすべて売り払ってでも
この宝を選ぼうとしただろうか?

私たちを喜びで満たしてくれる
この光を見つめて生きているだろうか?

マタイよる福音書 13章44節~52節
そのとき、イエスは人々に仰せになった。「天の国は畑に隠された宝に似ている。それを見つけた人はそれをそのまま隠しておき、喜びのあまり、行って自分の持ち物をことごとく売り払い、その畑を買う」。
「天の国はまた、善い真珠を探し求める商人に似ている。高価な真珠を一つ見出すと、商人は自分の持ち物をことごとく売りに行き、それを買った」。
「天の国はまた、海に投げ入れられてあらゆる魚を捕る網に似ている。網がいっぱいになると、人々は岸に引き上げる。そして座って、善いものは器に集め、悪いものは外に捨てる。代の終わりもこのようになる。み使いたちが現れて、正しい者たちの中から悪い者どもをより出し、燃え盛るかまどに投げ入れる。そこには嘆きと歯ぎしりがある」。
「あなた方は、これらのことがみな分かったか」。弟子たちは、「はい」と答えた。そこで、イエスは仰せになった、「それ故、天の国について学んだ学者はみな、新しいものと古いものを、自分の倉から取り出す、一家の主人に似ている」。

あなたにオススメ