年間第16主日(2020年7月19日)福音書のメッセージ動画

毒麦を抜くのはよい麦まで抜かないために
刈り入れまで待つというたとえ話。

常識的な物差しで人を判断する私たちだが
イエスの物差しは違う。

裁きはイエスに委ねて
教会共同体を育てていくことが大事ではないか。

マタイよる福音書 13章24節~43節
そのとき、イエスは、ほかの喩えを示して仰せになった、「天の国は次のように喩えられる。ある人が善い種を自分の畑に蒔いた。ところが、人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて立ち去った。やがて、苗が育って実を結ぶと、毒麦も現れた。僕たちが主人のもとに来て言った、『ご主人さま、畑に蒔かれたのは、善い種ではありませんでしたか。それなのに、なぜ毒麦が生えたのでしょうか』。主人は、『それは敵意をもつ者の仕業だ』と答えた。そこで、僕たちが、『それでは、行って毒麦を抜き集めましょうか』と言うと、主人は答えた、『それには及ばない。毒麦を抜こうとして、善い麦までも抜いてしまうかもしれない。刈り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。刈り入れのとき、わたしは刈り入れる者たちに、〈まず毒麦を集めて、焼くために束にし、麦は集めて倉に入れなさい〉と言いつけよう』」。
イエスはほかの喩えを示して仰せになった、「天の国は一粒の芥子種に似ている。ある人がそれを取って畑に蒔いた。それはどんな種よりも小さいが、生長すると、どんな野菜よりも大きくなり、そして、空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になる」。
イエスは人々にほかの喩えを語られた、「天の国はパン種に似ている。女がそれを取って、三サトンの小麦粉の中に混ぜると、やがて全体が発酵する」。
イエスはこれらのことをすべて喩えを用いて群衆に語り、喩えを用いずには何もお話しにならなかった。これは預言者を通し語られたことが成就するためである。
「わたしは口を開いて喩えを語り、
世の初めから隠されていることを告げる」。
それから、イエスは群衆を後に残して家にお入りになった。すると、弟子たちがイエスに近寄って、「畑の毒麦の喩えを説明してください」と言った。イエスはお答えになった、「善い種を蒔くのは人の子である。畑は世界、善い種はみ国の子ら、毒麦は悪い者の子らである。毒麦を蒔いた敵は悪魔、刈り入れは代の終わり、刈り入れる者はみ使いたちである。毒麦が抜き集められ、火で焼かれるように、この代の終わりにもそのようになる。人の子はみ使いたちを遣わして、つまずきとなるすべてのもの、また不法を行う者をみ国から抜き集め、燃え盛るかまどに投げ入れる。そこには嘆きと歯ぎしりがある。その時、正しい者たちは父の国で太陽のように輝く。耳のある者は聞きなさい」。

あなたにオススメ