30. ローマに支部設立――福者ジャッカルド神父の生涯

アルベリオーネ神父は、すでに1920年、ローマに聖パウロ会の支部を開設しようと考えていた。聖パウロ会がローマにあるなら、イタリア国内だけにとどまらず、全世界にも知られるにちがいない。教皇のそばで、カトリックの普遍的な、世界規模の精神をじかに体験できるし、全世界に向けて広報機関による福音の拠点にもなる。聖パウロ会の保護者である聖パウロもそう考えて、ローマの信徒への手紙の中で、ローマへ行きたいと言う望みを表明している。「何とかしていつかは神のみ心によってあなたがたのところへ行ける機会があるように、願っています」(ローマ1・10)と。

こうしてアルベリオーネ神父は、聖年に当たっていた1925年に、弟子のコスタ神父をローマに送り、土地をさがさせた。その結果、聖パウロ会のためには城門外の聖パウロ大聖堂から約1キロのオチティエンセ通りの75番地に、聖パウロ女子修道会のためにはそこから5百メートル離れたポルト・フルヴィアレ通りに借家を見つけたのである。しかし、聖パウロ会の借家はもともと倉庫として建てられていたので、これといった家具もなければ、満足のいく洗面所や浴室さえなかった。

その支部設立の全責任を負わされたのが、ほかならぬちティモテオ神父である。前述したように、ティモテオ神父は観想や思索には向いていても、駆け引きとかソロバン勘定とかは苦手であり、目を見張るような事業を起こすタイプでもなかった。それでも彼がローマ支部設立の大任を引き受けたのは、ひとえに信仰と従順によるものであった。ここでも、草分けの人たちは「ベトレームから出発しなければならない」というアルベリオーネ神父の主義に従ったのである。アルベリオーネ神父によれば、人間の業は広い底辺の上に石を積み重たピラミットに似ているが、神の業はその頂点を下にした逆ピラミットに似ている。つまり、神を基礎にして、ほとんど何もないところから事業を始めるのである。

1926年1月6日、29のティモテオ神父は、アルベリオーネ神父から「若者の一団を連れて、ローマに支部を創設しに行きなさい」と命じられたが、この時の心境を、つまり教会全体の宣教使命と連係した宣教者魂を、日記の中にこう披露している。

「私の使命は、修道院の中で新しい事業を起こすことでなく、この聖パウロ会をローマ教会の上に、ペトロの巌の上に、パウロの使徒伝承の上に築き上げ、これを育成し、このカトリック教会を、(教皇に)恭順させることです」と。

こうして、ローマ行きの若者数名が選ばれた。みな、冒険心も手伝って、浮き浮きしていた。また、聖パウロ女子修道会でも、数名のメンバーがローマ行きの準備をしていた。そして、いよいよこの年の1月14日に出発することになった。彼らが出発する前に、全員が聖堂に集まり、神の祝福を願い求めた。そして、アルベリオーネ神父はティモテオ神父を抱きしめて、「あなたは教皇を愛し、これに忠誠を尽くしていますから、ローマに遣わします」と、別れの言葉を述べた。

一同は聖堂を出て、アルバの駅に向かった。修道院の曲がり角にさしかかった時に、アルベリオーネ神父は一同に向かってこう言った。「ここにひざまずいて、ティモテオ神父から祝福していただきましょう」。困りきったティモテオ神父は、「あなたが私たちを祝福してください」と、胸のつまる思いで答えた。しかし、アルベリオーネ神父は一度言い出したらきかないので、ティモテオ神父は仕方なしに、涙をこらえて、ひざまずいている皆を祝福したのであった。

翌朝一行はローマに着き、借家に荷物を下ろし、旅の疲れをいやしてから聖パウロ大聖堂へ行き、ティモテオ神父のささげるミサにあずかった。この3日後に、聖パウロ女子修道会の小グループもアマリア・ペイロロ(Amaila Peyrolo)に率いられて前述の借家に入り、ここでも「馬小屋」からの事業を展開しはじめた。

さて、ティモテオ神父は、狭い応接間を自分の事務所や書斎として使うというふうにした。その、数日後には、アルバから到着した印刷機を別室に据えつけ、出版活動のための準備を着々と整えていった。それから間もなく、週刊新聞やパンフレット類を出版しはじめた。さらにティモテオ神父は、狭い借家の一角を片づけて、これを小聖堂に当てることにした。

しかし、ここにご聖体を安置するにはヴィカリアート(使徒座代理区長)の許可がいる。その担当責任者(モンシニョール・パスクッチ)がやって来て借家を見たところ、足の踏み場もないほどほに、機械だの紙だのが所狭しと並べてある。その片隅に小聖堂がしつらえてあるが、あまりにも貧弱すぎる。ご聖体の安置にはふさわしくないと判断した。しかし、ティモテオ神父の今にも泣き出しそうな顔を見ると哀れに思えてきて、その聖徳の誉れ高いことを耳にしていたこともあり、また彼の物腰の謙虚さに心を打たれて、やむを得ず許可を与えたのであった。こうして、1926年6月30 日依頼、男子と女子のパウロ家の人たちは、この小聖堂でミサにあずかり、聖体訪問ができるようになった。

しかし、信心・清貧・使徒職だけでは、パウロ家の霊性として不十分である。アルベリオーネ神父によれば、パウロ家の霊性は自動車の四つの車輪にたとえられる。自動車が安定して早く走るためには、丈夫な四つの車輪がバランスよく回転しなければならない。それで、以上三つの車輪以外に、もう一つの車輪、つまり勉強が是非とも必要である。ティモテオ神父はこのことにいち早く気づき、煩雑な仕事が一段落すると、若者たちが勉強できるよう、彼らの多忙な日々の中から時間を捻出した。「1時間勉強して、人の4時間分を習得する」という信念で、アルベリオーネ流の紙との契約に基づき、「人事を尽くして天命を待つ」という信念で、ティモテオ神父は若者の教育に当たった。当時、ティモテオ神父はすべての教科を受け持っていた。授業中は、狭い教室を行き来しながら、常に立って教えていた。また授業の合間には宿題の訂正をしていた。

黙想の説教の中で「時間を大切に使おう」とか「若いうちに、役に立つことをしておこう」とか若者に向かって言っていたことを、この時も自分から真っ先に実践していたのである。しかし、いくら院長が教育熱心でも、それについていけない生徒が必ず何人かはいるものである。これがティモテオ神父の悩みの種であったが、アルベリオーネ神父は、これを慰めて、こう書き送っている。「……あなたはできるだけのことをやっているのだから、それでいいと思うよ。高望みをして、いらいらしないようにね」と。

ティモテオ神父の授業は、後に大きな聖化をあげることとなった。ローマ修道院の志願者数は年ごとに増加し、この時の生徒の中に後に神学や哲学の学士号を取得したものが数人出たからである。

しかし、ティモテオ神父にも人間としての限界がある。使徒職面での外部との折衝、パウロ家を教区法による修道会に昇格そせるための教皇庁関係者との折衝、パウロ家のメンバー養成などで、熱心のあまりオーバー・ワーク(過労)となり、早くも1926年の秋には健康を害してしまった。その手記には、自責の念に駆られて、こう記されている。「もっと多くのことをしたいのですが……。『猫の手も借りたい』のに、結局ずるずると何もできないのです。何をすればよいかを考えながらも、時間を無駄にしてしまうのです……。祈っている時も、実行すべきことを考えて、心配のあまり信頼に欠けるのです……。全部をできないことを心苦しく思っています」と。

以上のことを知ったアルベリオーネ神父は、アルバからティモテオ神父あてに次の手紙を出している。

「こうして遠方から察するに、あなたは疲れていますよ! 寝るのも食べるのもわずかだし、寝ても覚めてもみんなの配慮ばかりしていますから……。気をつけて、冷静になりなさい。何日間も根をつめて仕事をすれば、心身共にへとへとなるくらいわかっていますよ……。15日間、夜は9時に床につき、5時半まで寝ることですよ!」(1926年11月)。

ティモテオ神父は、この忠告を素直に受けて、そのとおりに実行した。みるみるうちに健康を取り戻した。そしてローマ修道院も、ティモテオ神父の優れた管理・運営によって、視察に来たアルベリオーネ神父に「ローマ修道院はたいへんうまくいっています。これ以上のことは望めません」(1927年1月)と言わせるほどに発展したのである。なお、ティモテオ神父は、ローマに常任している利点を活用し、アルベリオーネ神父の指示どおりに、パウロ家を教区法による、後に聖座法による修道会に昇格させるために、教皇庁の当局者と幾度も折衝した。

・池田敏雄『マスコミの使徒 福者ジャッカルド神父』1993年

おしらせ
現代的に一部不適切と思われる表現がありますが、当時のオリジナリティーを尊重し発行時のまま掲載しております。

あなたにオススメ