年間第15主日(2020年7月12日)福音書のメッセージ動画

種蒔く人のたとえ話を
別の角度から考えてみる。

根源的な飢え渇きを持つ人生という種。
道端に、浅い土に、茨の中に落ちたらどうなるだろうか?

よい土に落ちた種とはどのようなものだろうか?

マタイよる福音書 13章1節~23節
その日、イエスは家を出て、湖のほとりに座っておられた。大勢の群衆が周囲に集まってきたので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆はみな、岸辺に立っていた。イエスは喩えで多くのことを語られた、「種を蒔く人が種を蒔きに出ていった。蒔いているうちに、ある種は道端に落ちた。すると、鳥が来て、それらをついばんでしまった。ほかの種は土の薄い岩地に落ちた。そこは土が深くなかったので、すぐに芽を出した。しかし、日が昇ると焼かれ、根がなかったので、枯れてしまった。ほかの種は茨の中に落ちた。やがて茨が伸び、それらを覆いふさいでしまった。ほかの種は善い地に落ちた。やがて実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍となった。耳のある者は聞きなさい」。
弟子たちはイエスに近寄って、「なぜ、喩えであの人たちにお話しになるのですか」と言った。イエスは答えて仰せになった、「あなた方には天の国の秘義を悟る恵みが与えられているが、あの人たちには与えられていない。持っている者は、さらに与えられて豊かになるが、持っていない者は、持っているものまでも取り上げられる。だから、わたしは喩えであの人たちに語るのである。彼らは見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。このようにして、イザヤが語った預言は彼らにおいて成就される。
『お前たちは聞くには聞くが決して悟らない。
見るには見るが決して認めない。
この民の心は鈍くなり、耳は遠くなり、
目は閉じてしまっている。
それは、彼らが目で見ることも、
耳で聞くことも、
心で悟ることも、
立ち返ることもなく、
わたしも彼らを癒いやすことがないためである』。
しかし、あなた方の目は見、耳は聞いているから、幸いである。あなた方によく言っておく。多くの預言者や義人は、あなた方が見ていることを見ようと望んだが、見ることができず、あなた方が聞いていることを聞こうと望んだが、聞くことができなかったのである」。
「だから、あなた方は種を蒔く人の喩えを聞きなさい。誰でもみ国の言葉を聞いても悟らなければ、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪ってしまう。道端に蒔かれたものとは、こういう人のことである。岩地に蒔かれたものとは、み言葉を聞いてすぐに喜んで受け入れる人のことである。しかし、その人には根がないため、それは一時的で、み言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう。茨の中に蒔かれたものとは、み言葉を聞くが、この代の思い煩いや富の誘惑がみ言葉を覆い、実を結ばない人のことである。善い地に蒔かれたものとは、み言葉を聞いて悟り、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結ぶ人のことである」。

あなたにオススメ