家庭の友 2020年8月号(特集:平和へのプロセス 核兵器廃絶を求めて)

昨年の11月下旬、教皇フランシスコが来日し、長崎の爆心地や長崎県営野球場、広島の平和記念公園、東京の三重災害被災者(東日本大震災被災者)との集いや東京ドームでのミサなど、平和について深く考える機会となりました。教皇様のお姿やメッセージを通して感じられたことを前田万葉枢機卿様(大阪教区)、若松英輔教授(東京工業大学)、髙見三明大司教様(長崎教区)、白浜満司教様(広島教区)が執筆してくださいました。発行は7月10日頃を予定しています。(編集室)

あなたにオススメ