恐れることはないという種 年間第12主日(マタイ10・26〜33)

初めて何かをしたり、人がしないような変わったことをしたりする人は、周りから反対や攻撃そして変人扱いをされることがあります。もしかしたら、初代教会の人たちも同じような目で見られたのかも知れません。

きょうのみことばは、イエス様が12人の弟子たちを宣教に派遣するにあたっての心得えを伝えている場面です。イエス様は、みことばの中で度々【恐れ】という言葉を使われます。きょうのみことばの初めのは「人々を恐れてはならない」という言葉で始まっています。弟子たちは、何を恐れていたのでしょう。それは、この箇所の前に「今、わたしはあなた方を遣わそうとしている。それは、狼の中に羊を送り込むようなものだ。」(マタイ10・16)とか「弟子がその師のように、僕がその主人のようになるなら、それで十分である。もし家の主人がベルゼブルと呼ばれたなら、その家の者たちは、なおのことひどく言われる。」(マタイ10・25)と言われたからではないでしょうか。

弟子たちは、イエス様から離れ自分たちだけで宣教に派遣されるという不安な気持ちの時に、輪を描けるように自分たちが迫害を受けるようなことを言われたのです。特に、自分たちが師と仰いでいるイエス様がベルゼブル(カナンの神の名称)と呼ばれるのであれば、その弟子たちも同じように迫害を受けると言われた後に、宣教に派遣する弟子たちに対して「人々を恐れてはならない。」と言われます。イエス様は「語るのはあなた方ではない。あなた方の父の霊が、あなた方を通して語られるのである」(マタイ10・20)と言われたように、弟子たちが宣教するにあたって、受けるであろう迫害に対して【聖霊】が助けてくださるということを伝えています。ですからイエス様は、弟子たちに「人々を恐れてはならない。」と言われているのではないでしょうか。

みことばでは「人々を恐れてはならない」と厳しく言われているように思いますが、イエス様は不安を覚えている弟子たちに対して厳しい言葉ではなく「大丈夫、そんなに恐れないでもいいんだよ」と優しく言われたのではないでしょうか。イエス様は、「覆われているもので現れないものはなく、隠されているもので知られないものはない。」と言われます。これは、イエス様が伝えようとする【福音】、神の国の神秘について言われているのではないでしょうか。そして、その【福音】は、「暗闇で話すように」また「耳元で囁くように」、注意をしていないと聞き漏らしてしまうような声として響いてくるものだと言われているようです。それほど、【神の国の神秘】は、人の目には見えないものですし、注意をしないと聞き漏らしてしまうもののようです。

弟子たち(私たち)は、イエス様のその声をいつも【聴きとる】ことができるように、耳を澄ませることが要求されているのではないでしょうか。そのために、心の平安、謙遜さ、いつも自分たちの心に響いてくるイエス様の声に耳を傾けることができるように祈り、究明することが求められていると言ってもいいでしょう。そして、それらの言葉を受けた時、勇気と信頼を持って人々に語りなさい、とイエス様は言われているのです。もちろん、その時には、「語るのはあなた方ではない。あなた方の父の霊が、あなた方を通して語られるのである」(マタイ10・20)と言われたように、【聖霊】の助けが働くことも伝えられています。

イエス様は、再び「体を殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れることなはない。」と言われます。私たちは、批判や誹謗中傷に対して心を悩ますことがあります。自分たちが信念を持って伝えようとしている時、教会の中での活動、愛の実践をする時など、周りの人の冷ややかな視線を感じることがあるのではないでしょうか。イエス様は、【福音宣教】の時に起こる周りの反対や無理解に対して「恐れることはない」と言われているのです。むしろ、自分の信念を曲げ、誤魔化してしまうことを恐れなさい、と言われているようです。

イエス様は、「……だから、恐れることはない。あなた方は、多くの雀よりも遥かに優れたものである」と言われます。この言葉を聞いた弟子たちは、どのような気持ちだったでしょう。弟子たちは、おん父が自分たちの「髪の毛」のような細部にまで心を留めてくださるとイエス様から言われたのです。これは、おん父からの【いつくしみの愛】ではないでしょうか。イエス様は、私たちに対しても同じように「恐れることはない」と声をかけておられるのです。

イエス様は、「人々の前で、わたしの味方であると宣言する者すべてを、わたしもまた、天におられる父の前で、わたしの味方であると宣言する」と言われます。イエス様は、私たちがいろいろな迫害や誹謗中傷を受けたとしても諦めることなく【福音】を伝え【愛の業】を行い続ける時、おん父の前で私たちのことを取り次いでくださるということを言われているのではないでしょうか。

私たちは、「みことばを伝える」中でたとえ辛いことがあったとしても、イエス様の「恐れることはない」という言葉を深く味わいながら、勇気をいただき、希望と信頼のうちにみことばを宣べ伝えることができたらいいですね。

あなたにオススメ