2020年5月14日は諸宗教で心合わせ「祈りと断食と愛のわざの日」 教皇フランシスコが呼び掛け

教皇フランシスコは、5月14日(木)を「祈りと断食、愛のわざの日」とし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の収束のために、諸宗教の指導者や信者と共に心を合わせて祈り断食するよう呼び掛けました。

 icon-link 教皇フランシスコ、2020年5月14日「祈りと断食と愛のわざの日」祈りの呼びかけ
 icon-link 教皇フランシスコ、2020年5月3日「アレルヤの祈り」でのことばと、新型コロナウイルス感染拡大にあたっての呼びかけ
 icon-link 新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り

カトリック中央協議会によると、祈りの日を提案した「人類のきょうだい愛のための高等委員会」は、教皇が2019年2月にアラブ首長国連邦を訪問した際、アル=アズハルのグランドイマーム、アフマド・アル・タイーブ師と「『世界平和のための人類のきょうだい愛』に関する共同宣言書」に署名したことをきっかけとして、同年8月に設立されました。同委員会は、パンデミックと闘うためには、薬や医学的研究の大切さを再確認すると同時に、神により頼むことを忘れてはならないと訴えています。

教皇庁諸宗教対話評議会議長のミゲル・アンヘル・アユソ・ギクソット枢機卿は、教皇のこの招きに応え、この祈りの日を「分断された心を一致させ、人の魂を高める神への信仰の偉大さの証し」(「世界平和のための人類のきょうだい愛」に関する共同宣言書)とするよう呼びかけています。

あなたにオススメ