復活した主に出会うという種 復活節第2主日(ヨハネ20・19〜31)

ある方からFacebookのメッセンジャーで「明けない夜はなく、復活されたイエスの声に耳を傾けたい。」と言う言葉をいただきました。確かに、苦しみ、不安、困難と思われる暗い時でも、必ず夜が開けると言う希望が持てるようなメッセージでした。

きょうのみことばは、復活された日の夕方にイエス様が弟子たちに現れる場面です。復活の朝は、ペトロとイエス様が愛されていたもう一人の(ヨハネ)が空の墓を見て、イエス様が復活されたことを【信じ】ました。しかし、心と体の底から復活を信じ切っていたかどうかわかりません。復活の朝の出来事とその日の夕方の記事の間に、イエス様がマグダラのマリアにお会いになる場面があります。イエス様は、マグダラのマリアに「婦人よ、なぜ泣いているのか。誰を捜しているのか。」と声をかけられます。しかし、マグダラのマリアはその声が園の番人だと思っていました。その後にイエス様が「マリア」と声をかけられます。マグダラのマリアは、その時初めてイエス様から声をかけられたと気がつき「ラボニ(先生)」と答えます。彼女は、悲しみから一転して喜びに変わります。そして、イエス様にすがりつきます。彼女は、イエス様から言われたように弟子たちの所に行って「わたしは主を見ました」と伝えます。

マグダラのマリアは、復活されたイエス様に出会った時どのような気持ちだったでしょうか。彼女は、罪に苦しんでいた時にイエス様から赦されて癒された時からイエス様への思いが人一倍あったことでしょう。彼女は、イエス様が人々から酷い仕打ちを受けて磔刑にされ、遺体までも誰かに盗まれた、と思っていました。全く悲しみと失望のどん底でした。イエス様はそんな彼女に声をかけられたのです。彼女の悲しみの涙は、喜びの涙に変わり、イエス様の声を聴き、イエス様に触れ、肌の温もり、柔らかさを感じ、「ああ、本当にイエス様は、復活されたのだ」と実感したことでしょう。彼女は、この時初めて復活されたイエス様と出会うと言う体験をしたのです。

今度は、イエス様がその日の夕方弟子たちの所に行かれます。弟子たちは、ユダヤ人たちを恐れて家の戸を閉め鍵をかけていました。彼らは、イエス様が墓からいなくなった事がユダヤ人たちに知られ、自分たちを捕らえに来るのではないかと思ったのではないでしょうか。もしかしたら、イエス様を裏切って逃げたと言う負い目を感じていたのかもしれません。彼らの姿は、私たちの姿にも当てはまるのではないでしょうか。私たちは、イエス様に対して罪を犯した時、または、イエス様のこと以外の楽しみに夢中になっている時、知らず知らずのうちに「自分の心に鍵」をかけてしまっているのかもしれません。

イエス様は、ユダヤ人たちを恐れて戸口に鍵をかけた弟子たちの所に現れ、彼らの真ん中に立って「あなた方に平和があるように」と言われます。イスラエルでは、「シャローム(こんにちは)」と言う挨拶をしますが、この【シャローム】と言う意味は、【平和】と言う意味があります。イエス様は、弟子たちに「こんにちは」とまず挨拶をしたのです。しかし、この平和という言葉の中には、彼らに対しての【いつくしみの愛】と【赦し】があったのではないでしょうか。続いてイエス様は、ご自分の両手と脇腹を弟子たちに見せます。そこには、十字架につけられたときの釘の痕があったのです。弟子たちは、その傷を見て「イエス様が本当に復活された」とようやく実感したのでしょう。彼らは、赦された安心とイエス様が「復活」すると以前言われていたことが実現したと知り喜びます。

イエス様は、再び「あなた方に平和があるように」と伝えた後、弟子たちに派遣と聖霊の祝福を授けられます。私たちは、ミサの中で「平和のあいさつ」をいたします。それは、【私の中におられるイエス様】が周りの人に「あなたに平和」と言っているのではないでしょうか。さらに私たちは、ミサの終わりに司祭から「行きましょう、主の平和のうちに」と言われて派遣の祝福をいただきます。私たちは、いただいた【平和】な状態で新たな【平和】の場所へ派遣されて行くのと言ってもいいでしょう。

さて、残念な事にこの日トマスだけがいませんでした。トマスは、他の弟子たちが復活されたイエス様に出会ったと言うことを信じませんでした。しかしトマスは、8日目に再びイエス様が現れた時に、「わたしの主、わたしの神よ」と信仰告白をします。彼は、イエス様に出会えてイエス様が復活されたことを信じます。イエス様は、弟子たち一人ひとりの所においでになられます。それは、弟子たちが実際に「見て、声を聴き、そして触れる」と言う【信仰体験】をしなければイエス様の復活を実感する事ができなかったからではないでしょうか。

きょうの弟子たちの姿は、私たちの姿でもあります。イエス様は、鍵がかかった私たちの心の中にお入りになられ、「あなたに平和」と言われます。私たちは、イエス様から赦され、いつくしみの愛を感じると言う体験する事によって、復活されたイエス様と出会い実感するのではないでしょうか。私たちは、この喜びを周りの人とも分かち合う事ができたらいいですね。

あなたにオススメ