復活の主日(2020年4月12日)福音書のメッセージ動画

キリスト教の信仰の中心、
キリストの十字架の死と復活。
これが躓きとなることもある。

キリストの復活の出来事は
作り上げた物語なのだろうか?

事実としての復活を認めざるを得ない
と言う遠藤周作。
その根拠とは?

マタイによる福音書 28章1節~10節
安息日が終わり、週の第一日が明け初めるころ、マグダラのマリアと、もう一人のマリアが墓を見に来た。すると突然、大きな地震が起こった。それは、主の使いが天から降って石に近づき、石を脇へ転がして、その上に座ったからである。その姿は稲妻のように輝き、その衣は雪のように白かった。見張りの者たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。
み使いは婦人たちに言った、「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのであろうが、その方は、ここにはおられない。かねて仰せになったとおり、復活された。さあ、入って、納められていた場所を見るがよい。そして、急いで行って、弟子たちにこう告げなさい、『イエスは死者の中から復活された。あなた方よりも先にガリラヤに行かれる。あなた方はそこでイエスにお会いできる』。これが、あなた方に伝えることです」。
婦人たちは恐れながらも大喜びで、急いで墓を立ち去ると、弟子たちに知らせるために走っていった。すると、イエスが彼女らの行く手に立っておられ、「おはよう」と声をかけられた。彼女たちは近寄って、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。すると、イエスは仰せになった、「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちに、ガリラヤに行くよう告げ知らせなさい。そこでわたしに会える」。

あなたにオススメ