四旬節第3主日(2020年3月15日)福音書のメッセージ動画

孤独死が増え、家族の関係も希薄な現代日本社会。

出会いへの飢え渇き、交わりへの飢え渇き
人々は心の飢え渇きが満たされないままに生きている。

この飢え渇きは何によって満たされるのだろうか?

ヨハネによる福音書 4章5節~42節
そのとき、イエスはサマリアのシカルという町に来られた。そこは、ヤコブが息子のヨセフに与えた土地に近い町である。そこにはヤコブの井戸があった。イエスは、旅に疲れて、井戸の傍らに腰を下ろしておられた。時は昼の十二時ごろであった。
サマリアの一人の女が水をくみに来た。イエスは、「水を飲ませてください」と仰せになった。弟子たちは、食べ物を買いに町に行っていた。すると、そのサマリアの女は言った、「ユダヤ人のあなたが、サマリアの女のわたしに、どうして水を飲ませてくれとおっしゃるのですか」。ユダヤ人は、サマリア人と交際していないからである。イエスは彼女に答えて仰せになった、
「もし、あなたが神の賜物のことを知っており、
また、『水を飲ませてください』と言ったのが、
誰であるかを知っていたなら、
あなたのほうから、その人に願い出たであろうし、
また、その人はあなたに
生ける水を与えたことであろう」。
その女はイエスに言った、「主よ、あなたはくむ物を持っておられませんし、井戸は深いのです。どこからその生ける水を手にお入れになるのですか。あなたは、わたしたちの先祖ヤコブよりも偉いのですか。ヤコブは、この井戸をわたしたちに与え、彼自身も、その子供たちも、家畜も、この井戸から飲んだのです」。イエスは答えて仰せになった、
「この水を飲む人はみな、また喉が渇く。
しかし、わたしが与える水を飲む人は、
永遠に渇くことがない。
それどころか、わたしが与える水は、
その人の中で泉となって、
永遠の命に至る水が湧き出る」。
その女はイエスに言った、「主よ、喉が渇くことのないように、また、ここにくみに来なくてもいいように、その水をわたしにください」。
イエスは彼女に、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい」と仰せになった。女は、「わたしには夫はいません」と答えた。イエスは彼女に仰せになった、「『夫はいません』とは、うまく答えたものだ。あなたには五人の夫があったが、今のは夫ではない。あなたは本当のことを言ったわけだ」。女は言った、「主よ、お見受けしたところ、あなたは預言者です。わたしたちの先祖はこの山で礼拝しましたが、あなた方は、礼拝すべき場所はエルサレムにあると言っています」。イエスは彼女に仰せになった、
「婦人よ、わたしを信じなさい。
この山でもなく、エルサレムでもない所で、
あなた方が御父を礼拝する時が来る。
あなた方は、
自分の知らないものを礼拝しているが、
わたしたちは、
自分の知っているものを礼拝している。
救いはユダヤ人から出るからである。
しかし、まことの礼拝をする者たちが
霊と真理において、
御父を礼拝する時が来る。
今がその時である。
御父は、このように礼拝する者たちを
求めておられるからである。
神は霊である。
だから、神を礼拝する者は、霊と真理において
礼拝しなければならない」。
女は、イエスに言った、「わたしは、メシア、『油注がれた者』と呼ばれる方がおいでになることを知っています。その方がおいでになるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださるでしょう」。イエスは仰せになった、「あなたと話しているこのわたしがそれである」。
その時、弟子たちが戻って来て、イエスが女の人と話しておられるのを見て不審に思った。しかし、「何かご用なのですか。何を話しておられるのですか」と尋ねる者は一人もいなかった。女は自分の水瓶をそこに置いたまま町へ行き、人々に言った、「さあ、来て、見てごらんなさい。わたしがしたことを何もかも言いあてた人がいます。もしかしたら、この人がメシアではないでしょうか」。人々は町を出て、イエスのもとに赴いた。 
その間に、弟子たちはイエスに、「ラビ、召し上がってください」と願うと、イエスは、「わたしにはあなた方の知らない食べ物がある」と仰せになった。そこで、弟子たちは、「まさか、誰かが食べ物を持って来たわけではあるまい」と互いに言い合った。イエスは仰せになった、
「わたしの食べ物とは、
わたしをお遣わしになった方のみ旨を果たし、
その方の業を成し遂げることである。
あなた方は、言うではないか、
『刈り入れまでまだ四か月ある』と。
だが、わたしはあなた方に言う。
目を上げて畑を見なさい。
畑は刈り入れを待って色づいている。
すでに刈る人は報いを受け、
永遠の命に至る実を集めている。
それは蒔く人も刈る人も、
ともに喜ぶためである。
一人が種を蒔き、別の一人が刈り取る』
ということわざが、
まさにここにあてはまる。
わたしはあなた方を遣わした。
自分で苦労しなかったものを、
あなた方に刈り取らせるためである。
ほかの人々が苦労して、
あなた方はその労苦のお陰をこうむっている」。
さて、その町の大勢のサマリア人は、「あの方は、わたしのしたことを、すべて言いあてました」と証言した女の言葉によって、イエスを信じた。そこで、サマリア人たちはイエスの所に来て、自分たちの所に滞在してほしいと願った。イエスはそこに二日間滞在された。そして、イエスの言葉によって、さらに多くの人々が信じた。彼らはその女に言った、「わたしたちは、もうあなたの話によって信じているのではない。この耳で聞き、この方こそまことに世の救い主であると分かったからだ」。

あなたにオススメ