【新刊案内】十字架の聖ヨハネの霊性 フェデリコ・ルイス師の講話

スペインで「詩人の守護聖人」と称される十字架の聖ヨハネは、日常生活の中で神との親密な関係を生き、またキリストとの愛の交わりを生きた聖人であった。彼は自身の神体験を詩で表現し、自らそれを解説し著作として残している。そんな彼は決して近寄り難い人物だったわけではなく、バランスの取れた温厚な人であった。
インターネットやAIが発達する現代において、神への信仰を生きることの意味を十字架の聖ヨハネの思想、生涯の中に探る。

著者紹介
フェデリコ・ルイス・サルバドル( Federico Ruiz Salvador)
1933年 スペイン、パレンシア生まれ。
1950年 跣足カルメル修道会へ入会。
1957年 司祭叙階。ローマ・カルメル会国際神学院テレジアーヌム教授。
2018年10月27日 マドリードにて帰天。享年85歳。
著書:『霊の道 霊性神学概要』(EDE)、『神秘家、霊的教師 十字架の聖ヨハネ』(EDE)、『十字架の聖ヨハネ入門 人間、著作、体系』(BAC)、『体系的霊性』(Baxant)、『神は夜に語られる』(EDE)他。

訳者紹介
九里 彰(くのり あきら)
1949年 生まれ。
1990年 カルメル修道会入会。
1997年 司祭叙階。
1999~2002年 スペイン留学。
2011~2017年 カルメル修道会管区長。
現在 カルメル修道会金沢広坂修道院院長。
訳書:ハンス・ウルス・フォン・バルタザール著『過越の神秘』(2000年、サンパウロ)、ウィリアム・ジョンストン著『愛と英知の道―すべての人のための霊性神学』(監訳)(2017年、サンパウロ)。

著者:フェデリコ・ルイス
訳者:九里 彰
判型:B6判並製
ページ数:184ページ
価格:本体1,600円+税
ISBN:978-4-8056-3918-4 C0016
発行:サンパウロ
※2020年2月21日発売予定

あなたにオススメ