年間第3主日(2020年1月26日)福音書のメッセージ動画

イエスが少年期を過ごしたガリラヤ、
そこは死の影に覆われた地と言われた。

闇に住む人々の中に
希望の光を注いでいったイエス。

庶民の厳しい生活の中で
イエスはどんな体験をしたのだろうか?

マタイによる福音書 4章12節~23節
ヨハネが捕らえられたと聞いて、イエスはガリラヤに退かれた。しかし、ナザレを去り、ゼブルンとナフタリ地方にある湖畔の町、カファルナウムに行ってお住みになった。こうして、預言者イザヤを通して告げられたことが成就した。
「ゼブルンの地、ナフタリの地、
湖沿いの道、ヨルダンの彼方、
異邦人のガリラヤ、
闇に住む民は大いなる光を見た。
死の陰に覆われた地に住む人々に光が昇った」。
この時から、「悔い改めよ。天の国は近づいた」とイエスは宣べ伝え始められた。
さて、イエスはガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、二人の兄弟、ペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレが、湖に網を打っているのをご覧になった。二人は漁師であった。イエスは仰せになった、「わたしについて来なさい。あなた方を人を漁る漁師にしよう」。二人はただちに網を後に残して、イエスに従った。さらに進んでいき、ほかの二人の兄弟、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、舟の中で、父ゼベダイとともに網の手入れをしているのをご覧になった。イエスはこの二人に呼びかけられた。彼らもただちに舟と父を後に残して、イエスに従った。
イエスはガリラヤ全土を巡り、会堂で教え、天の国の福音を宣べ伝え、民のすべての患いや病気を癒やされた。

あなたにオススメ