聖家族(2019年12月29日)福音書のメッセージ動画

幼いイエスを連れて
エジプトへ避難したヨセフとマリア。

現代の難民たちの先駆けとも言える
イエスの一家は過酷な現実を生きた。

聖家族の生の営みから
どんな光をくみ取ることができるだろうか?

マタイによる福音書 2章13節~15節、19節~23節
博士たちが立ち去ると、夢の中で主の使いがヨセフに現れて言った、「起きよ。幼子とその母を連れて、エジプトへ逃げよ。そして、わたしが告げるまで、そこに留まれ。ヘロデが幼子を探し出して、殺そうとしている」。ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母とを連れてエジプトへ逃れ、ヘロデが死ぬまでそこに留まった。これは主が預言者を通して、「わたしはわが子をエジプトから呼び出した」と仰せになったことが成就するためである。
さて、ヘロデが死ぬと、夢の中で、主の使いがエジプトにいるヨセフに現れて、言った、「起きて、幼子とその母を連れてイスラエルの地に行け。幼子の命を狙っていた人々は死んでしまった」。ヨセフは起きて、幼子とその母を連れてイスラエルの地に帰った。しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを治めていると聞いて、ヨセフはそこに行くのを恐れた。すると、夢の中でお告げを受けたので、ガリラヤ地方に逃れ、ナザレという町に行って住んだ。これは預言者たちを通して、「彼はナザレ人と呼ばれる」と言われたことが成就するためである。

あなたにオススメ