ヨセフの正しさ 待降節第4主日(マタ1・18~24)

今日のみことばの中で、マリアとヨセフは婚約していましたが、同居する前にマリアは聖霊によって身ごもっていることが分かります。その当時、婚約は結婚の約束を意味し、結婚と同等の法的拘束力を持っていました。「タルムード」によれば、婚約から結婚まで十二か月あり、婚約した娘は、父の家において処女として結婚するまでの日を過ごすことが厳しく要求されていました。そのため、婚約期間中に他の人と性的関係を持つことは許されていませんでした。

この時点で、マリアとヨセフは婚約していましたが、結婚式は済んでいません。またマリアはヨセフとの関係で妊娠したわけでもありません。他の人との関係であれば、マリアは姦淫罪で石殺しの刑に処せられることになります。また生まれてくる子どもは、私生児としての扱いを受けます。

ヨセフの立場で考えると、婚約期間中にマリアが妊娠したことは、ヨセフにとっては大きな驚きでした。当然のことながら、ヨセフはマリアを姦淫罪ということで裁判所に訴える権利があります。訴えられたマリアは石殺しの刑に処せられることになります。同時に、婚約解消となり、周囲の人々はマリアをふしだらな女だと、冷たい視線で見るのではないでしょうか。でもヨセフは表ざたにしたくないので、密かに婚約を解消しようとします。特別な使命を受けたマリアも素晴らしい人ですが、人を傷つけたくないヨセフの温かい心情が光ります。

そんなヨセフに主の使いが夢に現れ、「ダビデの子ヨセフよ、恐れずにマリアを妻として迎え入れなさい。彼女の胎内に宿されているものは、聖霊によるものである」(マタ1・20)と語ります。これによって、ヨセフは安堵したのではないでしょうか。

これらの出来事の中で、ヨセフの温かい心情や思いやりの心が、クリスマスを迎える準備として、とても心地よいものです。

あなたにオススメ