待降節第4主日(2019年12月22日)福音書のメッセージ動画

新しい救いの歴史の
最初の立会人となったヨセフ。

マタイ福音書はヨセフを通して
我々と共にいる神を伝えようとした。

私たちもヨセフのように
神の愛の営みに寄り添って歩む生き方を
もっと深めていきたい。

マタイによる福音書 1章18節~24節
イエス・キリスト誕生の次第は次のとおりである。イエスの母マリアはヨセフと婚約していたが、同居する前に、聖霊によって身籠っていることが分かった。マリアの夫ヨセフは正しい人で、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに離縁しようと決心した。ヨセフがこのように考えていると、主の使いが夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、恐れずにマリアを妻として迎え入れなさい。彼女の胎内に宿されているものは、聖霊によるのである。彼女は男の子を産む。その子をイエスと名づけなさい。その子は自分の民を罪から救うからである」。これはすべて、主が預言者を通して告げられたことが成就するためである。「見よ、おとめが身籠って男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」。この名は、「神はわたしたちとともにおられる」という意味である。ヨセフは眠りから覚めると、主の使いが命じたとおり、彼女を妻として迎え入れた。

あなたにオススメ