待降節第2主日(2019年12月8日)福音書のメッセージ動画

厳しい神を前面に出し
悔い改めを呼びかける洗礼者ヨハネ。

だがイエスが示した神は
人々の現実を柔らかく包み込む神。

教皇フランシスコも強調する憐れみ深い神に対して
どのように悔い改めたらよいのだろうか?

マタイによる福音書 3章1節~12節
そのころ、洗礼者ヨハネが現れ、ユダヤの荒れ野で宣べ伝えて言った、「悔い改めよ。天の国は近づいた」。この人は、預言者イザヤによって、
「荒れ野で叫ぶ者の声がする。
『主の道を整え、
その道筋をまっすぐにせよ』」
と言われていた人である。彼はらくだの毛の衣をまとい、腰には革の帯を締め、蝗と野蜜を食物としていた。エルサレムやユダヤ全土、またヨルダン川周辺の地域一帯の人々がヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けていた。
ファリサイ派とサドカイ派の人々が、大勢洗礼を受けに来たのを見て、ヨハネは彼らに言った、「蝮の子孫よ、来たるべき怒りから逃れるように、誰が教えたのか。悔い改めにふさわしい実を結べ。『われわれの父はアブラハムである』と、心の中で思ってはならない。わたしは言っておく。神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子らを造ることがおできになる。斧はすでに木の根元に置かれている。だから善い実を結ばない木はすべて切り倒され、火に投げ入れられる。わたしは水で、あなた方に悔い改めの洗礼を授ける。しかし、後から来られる方は、わたしよりも力のある方で、わたしはその方の履き物をお脱がせする資格もない。その方は聖霊と火で、あなた方に洗礼をお授けになる。その方は手に箕を持ち、麦打ち場の麦をふるい分け、麦を倉に納め、籾殻を消えることのない火で焼き尽くされる」。

あなたにオススメ