私(たち)の王という種 王であるキリスト(ルカ23・35〜43)

私たちは「王」と聞くと、どのようなイメージを持つでしょう。その国で一番偉く、民を導き、宮殿に住んでいて、華やかで、お付きの人がいて、贅沢な暮らしをしているなど映画やドラマなどで見るような印象があることでしょう。

きょうの典礼は、「王であるキリスト」です。ミサの中で司祭が唱える「集会祈願」には「あなたは十字架につけられたひとり子イエスを、すべての人の救い主として示してくださいました。キリストこそ、世界に平和をもたらし、人類を一つにする主であることを、きょう、深く心にとめることができますように。」とあります。ここでのキーワードは【十字架】と【世界に平和】そして【人類を一つにする主】という言葉ではないでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様が十字架上でお亡くなりになる場面です。イエス様は、長い間弟子たちと共にガリラヤから旅をし、逮捕され、ユダヤ人たちから不正な裁判に遭い、しかもエルサレムの外で一番重い刑である磔刑による死が与えられます。イエス様について来た弟子たちは、ユダヤ人たちを恐れ逃げ出し、自分たちを救ってくれる「メシア」と思っていたイスラエルの民からは軽蔑され、議員たちからは「あの男は他人を救った。もし神のメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい」とあざけられます。さらに、異邦人であるローマ兵たちからは、「もしお前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と言われます。

イエス様は、どのようなお気持ちなのでしょう。ご自分は、おん父のみ旨を忠実に果たされ、苦しまれ、最期には人々から「あざけられ」「なぶりもの」にされます。人の目には、とても惨めな姿です。しかし、私たちは、十字架上のイエス様を敬い、崇め、勇気をいただき、信仰の糧とします。イエス様の頭の上には、「これはユダヤ人の王」という札がかけられていました。この「ユダヤ人の王」というところを「私たちの王」と置き換えてみてはいかがでしょう。私たちは、教会でまたは家庭にある十字架を目にする時、自分たちの【王】としてみているでしょうか。

十字架にかけられたイエス様の両隣には、二人の犯罪人がいます。その一人は、周りの人々のように「お前はメシアではないか。自分とおれたちを救ってみろ」と侮辱して言います。不思議なことに、「民」「議員たち」「兵士たち」そして「犯罪人の一人」たちがイエス様を「あざけり」「なぶりものにし」「侮辱して」言った言葉には全て「救う」「メシア」というものでした。ルカ福音書は、彼らの言葉を通して私たちに「この十字架上のイエス様があなたたちの【王】、【メシア】なのですよ」と伝えようとしているのではないでしょうか。

このイエス様の最期で唯一救われる場面があります。それは、最後に出てくるもう一人の犯罪人です。今までの人たちの言葉は、イエス様に対して攻撃的で、聞いているだけで「もうやめてください」と思うようなものでした。しかし、彼の言葉は「お前は同じ刑罰を受けていながら、まだ神を畏れないのか。……この方は何も悪いことをなさっていない」といいます。彼は、イエス様のことを知っていたのでしょう。もしかしたら、罪を犯しながらも心のどこかに、自分の罪を悔み、イエス様に赦しを願いたいと思っていたのかもしれません。ただ、その機会がなかったのです。しかし、おん父は、彼に最高の【回心の場】を準備なさっていたと言ってもいいでしょう。

彼は続けて「イエスよ、あなたがみ国に入られるとき、わたしを思い出してください」と言います。これは、彼の回心の言葉であり信仰告白ではないでしょうか。彼は、この言葉を口にするのを長い間待っていて、ようやくイエス様に伝えることが出来たのです。この言葉は、とても美しい祈りのように私たちの心に響いてくることでしょう。私たちは、この言葉を繰り返し唱えながら黙想してもいいかもしれません。

イエス様は、彼に対して「あなたによく言っておく。今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」と言われます。イエス様は、ご自分がおん父のもとに行く、その瞬間まで「救い主」としてのお働きをなさいます。イエス様は、どのような人、罪人だからこそ、「見失った羊」「なくした銀貨」「放蕩息子」(ルカ15章)であり「ザアカイ」のように「失われたものを捜して救うためである」(ルカ19・10)と言われて救いの手を差し伸べられ、苦しみから解放されるのです。

パウロは「十字架の教えは、滅びてしまう者にとっては愚かしいことですが、救いの道を歩いているわたしたちにとっては神の力です。……わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えているからです。……ユダヤ人であれギリシア人であれ、召された者にとっては、神の力、神の知恵であるキリストなのです。」(1コリント1・18~24)と言っています。イエス様は、私たちにとって「いつくしみと愛の王」、「十字架かけられ、苦しまれた王」「悔い改める人を憐れまれる王」なのではないでしょうか。私たちは、イエス様を【王】として遣わしてくださったおん父の感謝し、イエス様に倣うものとなることができたらいいですね。

あなたにオススメ