教皇フランシスコ、訪日を前に公式メッセージを発表

日本カトリック司教協議会(所在地:東京都江東区、会長:髙見三明・長崎大司教)は、ローマ教皇庁が、11月23日(土)~26日(火)の訪日に向けた第266代教皇フランシスコのビデオメッセージを公開した。

今回の訪日に際し、教皇フランシスコが公式にメッセージを発信するのは初めてとなる。

公表されたメッセージは約3分間で、日本のカトリック中央協議会の特設サイト(URL:https://popeinjapan2019.jp)に掲載された。

教皇フランシスコは、今回公開されたメッセージ動画内で、来日テーマについて触れ、「すべてのいのちを守るため~PROTECT ALL LIFE」による訪日の 意味を伝えている。

また、教皇フランシスコは、訪問を予定する被爆地の広島、長崎を念頭に、「人類の歴史で核兵器が二度と使われることのないよう、皆さんと祈る。核兵器の使用は倫理に反する」と表明した。

教皇フランシスコは今月23日から26日まで日本に滞在し、被爆地である広島や長崎を訪れるほか、東京ドームでの大規模なミサに臨む予定。

あなたにオススメ