振り返りの週という種 年間第33主日(ルカ21・5〜19)

典礼は、年間の最後に近づき来週は、「王であるキリストの祭日」を迎えます。私たちの生活では、年末になり「大晦日」を迎えるようなものでしょうか。年末の大掃除をするように、この1週間は、自分の信仰の一年間を振り返る週となればいいですね。

きょうのみことばは、『エルサレムの神殿の崩壊の予告』そして『迫害の予告』という何やら恐ろしい場面となっています。イエス様は、エルサレムの神殿に弟子たちと共にいました。そこに何人かの人たちがイエス様の周りに来て神殿の美しさについて話していたのでしょう。イエス様は彼らに対していずれこの美しい神殿も全てなくなってしまう、と言われます。これを聞いた人々は、不安になり「先生、それはいつでしょうか。それが起こる時には、どんな徴があるでしょうか」と尋ねます。イエス様は、この美しい神殿ではなく本当に大切なものは、私たちのおん父へ向かう心のことを言っておられるのではないでしょうか。

イエス様は、彼らの「どんな徴があるでしょうか」という問いに対して「偽預言者」や「戦争や反乱」が起こると言われます。私たちの歴史を振り返ってみたとき大きな戦争がありましたし、今でも戦争に苦しみ難民となって自国から避難している人がたくさんいます。また、自然災害にあって苦しい生活を強いられている人もおられます。そんな時、私たちは不安を覚え、早くこの生活から解放されたいと望みます。

きっと、イエス様の周りに集まった人たちは、イエス様のこの言葉を聞いて同じように恐れ、不安を抱いたことでしょうし、これらの徴によって【終末】が来ると思ったのではないでしょうか。イエス様は、彼らにそのようなことが起こっても、「惑わされないように気をつけなさい」「うろたえてはならない」と言われます。私たちは、不安な時や非常事態が起こった時、心の冷静さを失い、日頃犯さないような失敗をしてしまうことがあります。イエス様は、私たちにそのような時だからこそ、心を落ち着かせ「いま、本当に大切なものは何か。おん父は私に何を求められているのだろうか。」と考えなさいと言われているのではないでしょうか。

イエス様は、戦争や災害の恐ろしさよりも【偽預言者】の言葉に「惑わされないように気をつけなさい」と言われます。悪い考えを持った人たちは、私たちの不安を煽り、さらにその気持ちにつけ込み利用し不幸へと導きます。これは、特別な事件や災害ということではなくても、私たちの日常の不安や心の荒みの状態の時にも同じように起こるのではないでしょうか。イエス様は、そのように私たちが「揺らぐ心」に陥ることをご存知なのでしょう。ですからイエス様は、「惑わされないように気をつけなさい」と言われ「おん父のもとに戻ること、おん父こそが心のよりどころですよ」と私たちに気づかせてくださっているのではないでしょうか。

イエス様は、弟子たちに対して、このような【徴】が起こる前に人々からの【迫害】が起こるということを話されます。イエス様は、「わたしの名のために、あなた方は王や総督たちの前に引き出されます。これは、あなた方にとって証しの機会となる。」と言われます。このことは私たちにとってどのようなことなのでしょう。私たちの周りの学校や会社、地域社会の中で、キリスト者は少数派と言ってもいいでしょう。今回、私は「全国図書館総合展」と言われるイベントに行ってきました。そこで「サンパウロ」の書籍を宣伝したのですが、ほとんどの方がキリスト者ではありませんでした。しかし、その中でサンパウロのブースを設け図書目録を配る中で「私はプロテスタントの信者です。」とか、「信者ではないですが、ミッション校に通っていたことがあって、聖書の授業があったり、賛美歌を歌ったりしていました。」という方がおられました。

今の私たちは、身の危険を伴うような「迫害」は起こりませんが、「宗教」「キリスト教」というだけで無視されたり、敬遠されたりすることもあるのではないでしょうか。そのような時に、私たちは何ができるのでしょう。イエス様は、「あらかじめ弁明を用意しないよう、心に決めておきなさい。……わたしがあなた方に授けるからである。」と言われます。このことは、私たち自身の保身のための弁明ではなく、信仰を表明するための弁明のようです。私たちの信仰を表すということは、人間の力では完全に出来ず、三位一体の神の助けが必要だということをイエス様が教えてくださっているのではないでしょうか。

イエス様は、これでもかというようなことがあっても「耐え忍ぶことによって、自分の命を勝ち取りなさい。」と言われます。イエス様は、「自分の命」という信仰を人間的な力だけではなく、ご自分と共に証しすることで、本当の天の国に入るということを言われているようです。私たちは、年間の終わりに近くにあたり今一度、三位一体の神への信仰を振り返ることが出来たらいいですね。

あなたにオススメ