ありがとうと言えるという種 年間第28主日(ルカ17・11〜19)

私たちは、1日の中で何回「ありがとう」という言葉を口にしているでしょうか。相手から受けた厚意に対して、素直な気持で「ありがとう」「感謝しています」と口に出して伝えることは、相手にとっても悪い気持をしませんし、自分自身も気持がいいことではないでしょか。わたしたちの心の中に謙遜な心で満たされている時に、この「ありがとう」という言葉が心から素直な気持で出てきて相手にも伝わることでしょう。

さて、きょうのみことばは、重い皮膚病を患った人たちがイエス様によって癒される、という場面です。イエス様と弟子たちは、エルサレムに向かう途中でガリラヤとサマリアの境を通られます。イエス様のうわさは、ガリラヤ地方からエルサレムの方まで広まっていたのでしょう。そのため、イエス様がこの村に入られるということを知った重い皮膚病を患った人たちは、イエス様にお願いすればきっと自分たちの病気を癒してくださると思ったのでしょう。

当時、重い皮膚病を患った人たちは、他の人たちと一緒の生活をすることができず町の外に隔離されていました。彼らは、何の罪もないのに自分たちが罹った皮膚病のために周りの人から卑しめられ、差別され、排斥されていました。彼らは、病のために本人も家族も深い悲しみのドン底に落とされていたのです。屈辱に耐え、苦しく、辛い生活を送っていた彼らにとって、イエス様から癒されるということが、元の生活に戻ることができる最後の希望だったのです。

この10人の重い皮膚病を患った人たちは、イエス様と弟子たちが近づいて来るのを見て遠くから、「イエスさま、先生、わたしたちを憐れんでください」と大きな声を張りあげてイエス様にお願いします。きっと周りは、たくさんの町の人がいたことでしょう。彼らにとって大きな声で「イエスさま、先生、わたしたちを憐れんでください」と言うことは、自分たちが「穢れている」ことを人々に伝えるという【屈辱的】なことなのです。それでも、癒されたいという一心で、イエス様に叫んだのです。

あなたにオススメ