新聞やテレビを見ると『法王』と書いてあり、教会の文書には『教皇』と書いてあります。どちらが正しい表記ですか?

外務省は2019年11月20日、フランシスコ・ローマ教皇が11月23~26日の日程で来日するのに合わせ、これまで日本政府として「ローマ法王」としてきた呼称を「ローマ教皇」に変更したと発表した。外務省幹部は「カトリック関係者をはじめ一般に『教皇』の呼称を用いる例が多くみられるため」と理由を説明。ただ、「『法王』を使用しても間違いではない」と話している。

教会が使っている正式名称は「ローマ教皇」「教皇」です。

日本の司教団は、1981年2月のヨハネ・パウロ2世の来日を機会に、「教える」という字のほうが、教皇の職務をよく表わすという理由から、「ローマ教皇」に統一することになりました。

もっとも、1942年にバチカン市国が日本と国交を開いたとき、外務省の正式文書では「ローマ法王庁」であったため、外務省をはじめ政府は「法王」を公式の呼称として用い、国内でも「ローマ法王」「法王」が一般にも定着しています。マスコミ各社もこれに従っています。

また、日本とバチカン(ローマ法王庁、つまりローマ教皇庁)が外交関係を樹立した当時の定訳は「法王」だったため、ローマ教皇庁がその名称で日本政府に申請し、そのまま「法王庁大使館」になりました。

そのため、外務省をはじめ政府は「法王」を公式の呼称として用い、マスコミ各社もこれに従っています。
なお、場合によっては教会の正式名称の「ローマ教皇」「教皇」を使うこともあります。

こうして今でも「法王」と「教皇」が併用されています。どちらが間違いということはありません。

あなたにオススメ