年間第26主日(2019年9月29日)福音書のメッセージ動画

門の前の貧しいラザロに気付かなかった金持ち。
このたとえ話を神にあてはめてみるとどうだろうか?

神の門の前で苦しむ人々を
神は見て見ぬふりをするのだろうか?

このたとえ話の背後に見える神の姿は?

ルカによる福音書 16章19節~31節
そのとき、イエスはファリサイ派の人々に仰せになった。「ある金持ちがいた。彼は深紅の着物や柔らかい亜麻布の服を着て、毎日、贅沢に楽しく暮らしていた。ところが、この金持ちの門前には、ラザロという、体中にできもののある、貧しい男が座っていた。彼は金持ちの食卓からこぼれ落ちるもので、腹を満たしたいと願っていたが、犬までも寄ってきて、その男のできものをなめていた。やがて、この貧しい男は死に、み使いたちによって、アブラハムのふところに連れていかれた。また、金持ちも死んで、葬られた。そして、金持ちは陰府で苦しみながら目を上げると、遥か彼方に、アブラハムとそのふところにいるラザロが見えた。そこで、金持ちは叫んで言った、『父アブラハムよ、わたしを憐れんでください。ラザロを遣わして、その指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中で悶え苦しんでいます』。しかし、アブラハムは言った、『子よ、思い出しなさい。お前は生きている間に善い物を授かったが、ラザロは悪い物を授かった。しかし、今、彼はここで慰められ、お前は悶え苦しんでいる。そればかりか、わたしたちとお前たちの間には大きな淵がある。こちらからお前たちの方へ渡ろうとしてもできず、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない』。すると、金持ちは言った、『父よ、お願いです。わたしの父の家にラザロを遣わしてください。わたしには五人の兄弟がいます。彼らもこんな苦しい場所に来ることがないよう、きびしく言い聞かせてください』。しかし、アブラハムは言った、『彼らにはモーセと預言者たちがいる。彼らの言うことを聞けばよい』。そこで、金持ちは言った、『いいえ、父アブラハムよ、もし死者の中から誰かが兄弟たちの所に行けば、彼らは悔い改めるでしょう』。しかし、アブラハムは言った、『もし、モーセや預言者たちに耳を傾けないなら、たとえ、誰かが死者の中から生き返っても、彼らはその言うことを聞かないであろう』」。

あなたにオススメ