年間第25主日(2019年9月22日)福音書のメッセージ動画

使い込みをした管理人が失業した時のために策略をめぐらす。

常識ではわかりにくいイエスのたとえ話。
そこにあるのはイエスの危機感と弟子たちの危機感の欠如!

私の危機感はどうだろうか?

ルカによる福音書16章1節~13節
そのとき、イエスは弟子たちに仰せになった、「ある金持ちに一人の管理人がいた。この男が主人の財産を使い込んでいると、告げ口する者があった。そこで主人は彼を呼んで言った、『お前のうわさを耳にしたが、いったいどういうことだ。管理の明細を提出してもらおう。もうお前を管理人にしておくわけにはいかない』。すると、管理人は独り言を言った、『さて、どうしたものだろう。主人はわたしから管理の職を取り上げようとしている。わたしには土を掘る力もないし、かといって、物乞いをするのも恥ずかしい。そうだ、こうしよう。こうすれば、管理の職をやめさせられた時に、人々がわたしを自分の家に迎えてくれるにちがいない』。そこで、この男は主人の負債者を一人ひとり呼び寄せて、最初の人に、『わたしの主人にいくら借りがあるのか』と尋ねると、『油百バトスです』と答えた。そこで彼は、『あなたの証文を取って、急いで、座って、五十と書き直しなさい』。さらに別の人に、『いくら借りがあるのか』と尋ねると、『小麦百コロスです』と答えたので、『あなたの証文を取って、八十と書き直しなさい』と言った。主人は、この不正な管理人の抜け目のない振る舞いをほめた。この代の子らは自分と同時代の者に対しては、光の子らよりも抜け目がないものである」。
「そこで、わたしはあなた方に言っておく。不正な富を利用して、友人を作りなさい。そうすれば、それがなくなったとき、彼らがあなた方を永遠の住まいに迎え入れてくれる。ごく小さなことに忠実な者は、大きなことにも忠実であり、ごく小さなことに不忠実な者は、大きなことにも不忠実である。だから、もし不正な富に忠実でなければ、誰があなた方に真の富を任せるであろうか。また、もし他人のものに忠実でなければ、誰があなた方のものをあなた方に与えるであろうか。どんな僕でも、二人の主人に兼ね仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、または、一方に尽くし他方を軽んじるかである。あなた方は神と富に兼ね仕えることはできない」。

あなたにオススメ