【決定版】正しい十字の切り方

正しい十字の切り方を、より分かりやすくご紹介します。
十字架のしるしは、下記のことばを、口頭で、また心の中で唱えながらします。
十字は、右手で、額→胸→左肩→右肩→手を合わせます。
十字のしるしは、典礼では三位一体の名が唱えられるとき、秘跡や祝福を授けたり受けたりするときにします。
また、司祭が祝福を与えるときにも、個人や会衆に向けて十字を切ります。

ゆるめで短めの動画を聖パウロ修道会YouTubeチャンネルで公開している「ゆるいTomaP」です。チャンネル登録をしていただけると長くつづく気がします。よろしくおねがいします。

 icon-youtube 聖パウロ修道会YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCuT5Ls5H6g7sLEAHKZ3nxpQ/

TomaP
聖パウロ修道会会員・修道士。
聖パウロ修道会のウェブサイトとSNSを担当。雑誌「家庭の友」でコラム連載中。
official site ▼
https://www.tomap.info/

あなたにオススメ