教皇が着用している白くて小さな帽子の名前は何?――キリスト教知恵袋

カトリック教会の高位聖職者が被る小形円形の帽子は、「ズケット(イタリア語)」または「カロッタ(ラテン語)」と呼ばれています。
現在、ローマ教皇は白、枢機卿は赤、司教は赤紫、大修道院長は黒色のズケットを被ります。

はじめは聖職者たちが、叙階のときに剃髪(トンスラ)をするため、頭頂部を覆うものとして使われました。
しかし、後にズケットの色で聖職者の身分を示す意味を持つようになりました。
13世紀ごろから使われはじめ、最初はミトラ(司教冠)の代わりに着用されていましたが、次第にミトラを被るときにその下に着用するようになりました。

その後、ミトラを被っているときだけでなく、通常も用いられるようになりました。
1968年、パウロ6世によって、高位聖職者はズケットを着用するよう定められています。
典礼においては、ミサの奉献文を唱えるときにズケットを取り、聖体拝領が終わるとまた被ります。
また顕示された聖体の前、聖体行列では、着用しません。

あなたにオススメ