へり下るという種 年間第22主日(ルカ14・1、7〜14)

私は、料理を作るのが好きなのですが、一度とんでもない失敗をしたことがあります。それは、私の心に「自分は、こんな料理ができるんだ」と言う傲慢な気持ちがよぎって作った時でした。その時の料理のマズさは、今も私の心の中に残っています。私は、この体験から、料理を作るときには、食べてくださる方の笑顔を思い浮かべながら作るようになりました。

きょうのみことばは、【謙遜】と【愛徳】についてイエス様が私たちに教えてくださっている場面です。みことばは、「さて、ある安息日のこと、イエスは食事のために、ファリサイ派のある指導者の家に行かれた。人々はイエスの様子を窺(うかが)っていた。」という箇所から始まっています。この時、イエス様はどのようなお気持ちだったでしょうか。この食事会は、【ファリサイ派の指導者】が催していました。周りには主だったファリサイ派の面々が出席していたことでしょう。今で、言うなら政治家や著名な方の食事会のような場面と言ってもいいかもしれません。幸い、私はこのような場面に出会ったことはありませんが、イエス様は早くこの場から出ていきたいと思われていたかもしれません。

人々は、イエス様が、何か奇跡とか素晴らしい教えを語ってくださるのかと、イエス様の様子を窺っていたのでしょう。きょうのみことばでは省かれていますが、この後「水腫(すいしゅ)」を患った人をイエス様が癒される場面があります。イエス様は、ファリサイ派の指導者の面々に「安息日に人を癒すことは許されているのか、いないのか」と尋ねられます。この奇跡が行われた後に、きょうのみことばである「また、イエスは、招かれた客たちが上席を選んでいるのをご覧になって、彼らに喩えを語られた。」と続いています。

想像してください。周りの人々は、たった今イエス様が水腫で苦しむ人が癒され、イエス様から「安息日に人を癒すことは許されているのか、いないのか」と尋ねられ、何も答えることができない、自分たちに気づいたのかどうかわかりませんが、【一人の人が癒されたという恵み】よりも、われ先に宴会の上席を選ぶという、自分の地位を誇示する方が大切だったのです。イエス様は、彼らの様子をご覧になられ、本当に情けなく、もうあきれて怒りすら覚えることもなかったのではないでしょうか。シラ書には、「頑なな心は、悩みを背負い、罪人は罪を重ねる。高慢な者の苦しみは、癒すすべがない。悪い木が彼らのうちに根を下ろしているのだから。」(シラ書3・27〜28)とありますが、彼らの心は、まさにここで言う、「罪人」であり「高慢な者」だったのです。

そんな彼らの様子をご覧になったイエス様は、「結婚披露宴に招かれた客」の喩えを語られます。イエス様は、「結婚披露宴に招かれた時には、上席に着いてはならない。あなたより身分の高い人が招かれているかもしれない。」と語られます。現代でも、結婚披露宴などで誰をどの席にするかと席順決めるために、神経を使います。イエス様の時代も同じように主催者の頭の中では、誰がどの席に座るかということを決めていたのでしょう。自分はこの辺りに座るべきだろう、と思って座った場所がそうではなかった時の「気まずさ」というのは、「穴があったら入りたい」と思うくらいの恥ずかしさであったり、人によっては、どうして私がこの人よりも下座なのだ、と苛立ったりと心が乱れることでしょう。

イエス様は、そのような心にならないために「むしろ末席に座りなさい」と言われ、「誰でも自ら高ぶる者は下げられ、自らへりくだる者は上げられる」と結ばれます。イエス様は、私たちに【謙遜な心】の大切さを教えられておられるののかもしれません。イエス様は、ここで【自ら】とあえて付け加えられます。これは、自分の「意思」であり「心」からという意味が含まれているのではないでしょうか。私たちは、放っておくと習慣的に自分の思いのままに行動に出ることがあります。イエス様は、私たちが「自分を律する気持ち」に気づかせるために【自ら】と言われたのではないでしょうか。

次にイエス様は、食事会を催して招いた人に対しても「友人、兄弟、親戚、近所の金持ちを呼んではならない。……むしろ貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人たちを招きなさい。」と言われます。私たちは、どちらかと言うと「むしろ」の後に言われた人たちを敬遠する傾きがあります。彼らは、自分たちの貧しさを知っていますし、自分たちは救われる価値もない、罪人だということを知っていました。イエス様は、そのような人を愛を持って「【招きなさい】」と言われます。

きょうのみことばで出てくる「食事会」は、天の国の「宴」です。「自分なんて救われない」と思っていた人が「救われた時」の喜びは、どんなに嬉しいことでしょう。みことばの中で省かれた「水腫」を患った人の喜び、イエス様は、ファリサイ派の指導者たちよりも「水腫」を患った人のように「自分は救われない」と思っている人たちを招きなさい、と言われているのでしょう。私たちは、この苦しんでいる人に「救われていいんだよ」と言えることができたらいいですね。

あなたにオススメ