ミサで司祭が食べる大きなホスチアを開封!

司祭が感謝の祭儀(ミサ)で用いるホスチアは、割って分かち合うため、大きなものを使用します。
そんな大きなホスチアを開封します!
ちなみに、ホスチアとは、聖別用に用いられる円形の薄いパンのことで、「聖体」となるパンのことを言います。
その語源は、ラテン語の“hostia”「いけにえの供え物」からきているそうですよ。

ゆるめで短めの動画を聖パウロ修道会YouTubeチャンネルで公開している「ゆるいTomaP」です。チャンネル登録をしていただけると長くつづく気がします。よろしくおねがいします。

 icon-youtube 聖パウロ修道会YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCuT5Ls5H6g7sLEAHKZ3nxpQ/

TomaP
聖パウロ修道会会員・修道士。
聖パウロ修道会のウェブサイトとSNSを担当。雑誌「家庭の友」でコラム連載中。
official site ▼
https://www.tomap.info/

あなたにオススメ