救われるという種 年間第21主日(ルカ13・22〜30)

私たちにとって「救い」「救われる」とは、どのようなことなのでしょうか。時々、「ああ助かった。」と言うことを口にします。例えば、どこかへ行く時に、うまい具合に電車に乗られて「助かった」と使いますが、「救われた」とは、言いません。【救われる】と実感するときは、自分の命や人生に関わること、自分の力らではなくもっと大きい力や恵みを頂いたという体験をしたとき、私たちは「救われた」と口にするのではないでしょうか。私の力ではないと言う【謙遜な心】を持つとき、私たちは【救われた】と口にするのかもしれません。

きょうのみことばは、イエス様が「狭い門から入るように努めなさい。」と人々に言われる場面です。イエス様と弟子たちは、村々で教えながらエルサレムへ向けて旅を続けています。イエス様は、エルサレムでご自分を待ち受けている、十字架と復活をいつも意識しておられます。そんな時に、ある人が「主よ、救われる人は少ないのでしょうか」と質問します。福音書の中では、「救われる」とか「永遠のいのちを得る」と言う質問をイエス様にする場面があります。そのような場面で出てくる人は、ファリサイ派や律法学者、金持ちの青年など、どちらかと言うと、宗教的にも経済的にも自分の生活が安定している人たちです。今日生きても、明日はどうなるのか分からない人は、自分が生きて行くことに必死で「どうすれば救われるか」と言うようなことを考える余裕もないのではないでしょうか。この人も、どちらかと言うと生活に困らない人だったのでしょう。

イエス様は、「狭い門から入るように努めなさい。あなた方に言っておく。多くの人は、入ろうとしても入れないからである。」と言われます。マタイ福音書では、「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は広く、その道は広々としていて、そこから入る人は多い。しかし、命に至る門は何と狭く、その道は細いことか。それを見出す人は少ない」(マタイ7・13〜14)とあります。マタイ福音書では、「狭い門から入りなさい。」とラビが人々に教えるように伝えます。そして、いかに広い道、広い門を選ぶことが楽であるか、と言うことを伝えています。

私たちは、どちらかと言うと、厳しさよりも楽な方を、難しさよりも簡単な方を選びがちです。イエス様は、ここであえて「狭い門から入るように努めなさい」と言われたのは、私たちに【選ぶ自由】を与えてくださったからではないでしょうか。私たちは、日常の中で小さな努力、小さな親切をするかしないか、気がつくか気がつかないかでこの【狭い門】に入ることを選ぶかどうかが決まってくるような気がいたします。この小さな【善】を選ぶ積み重ねは、イエス様が言われる「努めなさい」と言うことだと思います。パウロは、「わたしはすべてのことを福音のためにしています。……すべて競技者は何事にも節制します。彼は朽ちる冠を得ようとしてそうするのですが、わたしは朽ちない冠のためにそうするのです。」(1コリント9・23〜27)と伝えています。パウロは、競技場で走る人が日々練習をし、体を鍛え、節制しているように、自分も福音を伝えるためには、努力を惜まず、どのようなことでも福音と結びつけるように「努めている」と言っているのでしょう。

イエス様は、家の主人が立って門を閉めた後で、外に立って「ご主人さま、開けてください」と言って門を叩く人たちの喩えを話されます。主人は、「お前は何者が知らない」と彼らに答えます。彼らは、自分が締め出されたことに納得がいかず、「わたしたちは、あなたとご一緒に食べたり飲んだりしました。また、大通りでわたしたちに教えてくださいました」と弁明します。それでも主人は、「お前たちが何者か知らない」と答えられます。イエス様は、ここで複数の人が門を締め出されたように伝え、狭い門から入る人が少ないかを伝えます。彼らは、日頃から【狭い門】から入ろうとすることをしてこなかった人たちだったのでしょう。いくら主人と会食をしたり、教えを聞いたりしたからと言って主人と親しいとは限らないのです。マザー・テレサは「大切なのは、私たちがどれだけの行動をするのではなく、それをするのに、どれだけ愛を注いでいるかです。大切なのは、私たちがどれだけ与えるのではなく、それを与えることに、どれだけ愛を注いでいるかです。」と言う言葉を思い出します。

主人は、彼らに「悪を行う者たち、一人残らず、わたしのもとから立ち去れ」と言います。彼らは、きっと悪人ではなかったはずです。むしろ律法を学び、ユダヤ教の務めを果たし、周りの人から立派な人と言われていたことでしょう。しかし、主人の目から見るとそれは「悪を行う者たち」となったのです。このことは、とても厳しいことです。彼らは、いつの間にか自分たちの生活に満足をし、安定を好み、当然救われると思い込み、「狭い門」があることすら知らず、そこに入ろうとする【努め】をしてこなかったのです。

イエス様は、「後の者で先になる者もあり、先の者で後になる者もある」という言葉で締めくくられます。この言葉をゆっくり味わいながら【救われる者】って、どのようなことかを見出すことができたらいいですね。

あなたにオススメ