年間第21主日(2019年8月25日)福音書のメッセージ動画

「狭い戸口から入るように努めなさい」
とイエスは言う。

イエスの時代、
堂々と広い門を通れない人たちは
狭い脇の門から入った。

今の私たちが狭い戸口から入るということは
どういうことを意味するのだろうか?

ルカによる福音書 13章22節~30節
そのとき、イエスは町々や村々を通って教えながら、エルサレムへの旅を続けておられた。すると、ある人がイエスに「主よ、救われる人は少ないのでしょうか」と尋ねた。そこで、イエスは人々に仰せになった、「狭い門から入るように努めなさい。あなた方に言っておく。多くの人は、入ろうとしても入れないからである。家の主人が立って門を閉めた後で、外に立って、『ご主人さま、開けてください』と言って門をたたいても、主人は、『お前たちが何者か知らない』と答えるだろう。その時、『わたしたちは、あなたとご一緒に食べたり飲んだりしました。また、大通りでわたしたちに教えてくださいました』と言い出しても、主人は言うだろう、『お前たちが何者か知らない。悪を行う者たち、一人残らず、わたしのもとから去れ』。アブラハム、イサク、ヤコブ、またすべての預言者たちが神の国に入っているのに、自分だけが外に投げ出されることを知って、嘆き、歯ぎしりする。そして、東から西から、また北から南から人々が来て、神の国で食事の席に着く。後の者で先になる者もあり、先の者で後になる者もある」

あなたにオススメ