年間第20主日(2019年8月18日)福音書のメッセージ動画

地上に火を投じるために来たと言うイエスは
その火がすでに燃えていることを願った。

イエスが投じようとしたのは
どんな火だったのだろうか?

私はその火を受け取り、
燃やし続けているだろうか?

ルカによる福音書 12章49節~53節
そのとき、イエスはおうせになった、「わたしは地上に火を投じるために来た。火がすでに燃えていたらと、どれほど思っていることか。しかし、わたしには受けなければならない洗礼がある。それが成し遂げられるまでは、わたしはどんなに苦しい思いをすることであろう。あなた方は、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うか。そうではない。あなた方に言っておく。むしろ分裂である。今から後、一家に五人の者がいるなら、三人は二人に、二人は三人に対立して分かれる。父は子に、子は父に、母は娘に、娘は母に、姑は嫁に、嫁は姑に対立して分かれる」。

あなたにオススメ